Doctors Me(ドクターズミー)- 具合悪くないのに、顔が青白い?顔色悪い人の特徴とは。

写真拡大

体調不良でもないのに、顔色が悪いのはなぜ?

顔色が悪い、と言われることってありませんか? 風邪をひいていたり、寒気がするような状況ならともかく、特に何もないのに顔色が悪いと人から言われると、具合悪そうに見えるのかな、とちょっと凹んでしまいますよね。

女性であれば、多少は化粧で調整できるものの、可能であれば素顔のときも健康的な顔色でいたいものです。

顔色が悪く見える原因・3つ

顔には多くの細かい血管が集まり、たくさんの血液が流れていることから、その血液の量や状態が直接透けて見えます。もちろん、生まれつきのヒフの色や日焼けの状況などによっても左右されますが、主な原因としては次のようなものが挙げられます。

1:低体温の人

現代人には体温の低い人が増えているといわれています。目安としては平熱が35度台の方。この場合、冷えによって血管が収縮し、血液の循環が悪くなって顔色が悪く見えます。対策としては、体を温める食品を積極的に摂ったり、お風呂にゆっくり入って体をしっかり温める、冷房の効きすぎや極端な薄着に気を付ける、などが挙げられるでしょう。

2:極度な緊張、気持ちが興奮している時

血液の循環、つまり血の巡りは交感神経、副交感神経という2種類の自律神経によってコントロールされています。交感神経はいわゆる「戦闘モード」に入るときに強く働くもので、副交感神経は逆に「休息モード」に入るとき優位になります。顔色が悪く、青ざめたように見えるのは交感神経優位の時で、胸がドキドキして顔の血管が収縮します。

大切な試験の時や、非常な怒りを感じたときなどに顔が青ざめて見えるのはこのためです。対人緊張が強い方だと、初めて会う人の前でも顔色が変わることがあります。

3:病気による顔色の変化

自覚症状がなくても、特に顔色が短期間に急に変化したような場合には、何らかの病気がかくれている場合があります。貧血や肝臓の病気などの場合には、顔色の変化が一つの大切なサインになることがあります。

顔色が気になるようなら、一度病院へ

上記の理由以外にも、顔色が悪くなる病気や状況は数多くあります。あなたを良く知っている人から体調に心当たりがないのに急激な顔色の変化を指摘されたら、特に自覚症状がなくても、一度内科を受診して相談すると安心ですね。