Doctors Me(ドクターズミー)- ベジフードブーム!でもベジタリアンって本当に健康なの?

写真拡大

■ ベジフード&ローフードって何!?

最近、ベジフードやローフードブームが起きていますが、みなさんご存知ですか。

■ ベジフード

ベジフードとは、植物性の食材、およびそれによって作られた食品や料理のことで、野菜や果物はもちろんのこと、米や穀物、海藻、豆製品を中心とした食事などです。精進料理も含めて、日本の伝統食の多くはベジフードだと言えます。

■ ローフード

ローフードは、食材を加熱せずに生のまま食べる食事法のことです。
肉・魚・卵・乳製品・白砂糖は使用しません。生とはいっても、48度まで加熱はできます。

■ 野菜だけの生活って本当に身体にいいの?

ベジフードは「お肉を取る食生活に比べて精神的な幸福感が高い、デトックスに効果がある」と言われていますが、医学的に見て、野菜だけの生活は体にいいのでしょうか?

残念ながら、野菜だけしか食べないでいると、植物性食品にはほとんど含まれないビタミンB12が不足します。ビタミンB12が不足すると、以下のような様々な症状が出てきます。

・貧血が主症状になり、貧血によって、皮膚蒼白(皮膚が青白く)、脱力感、疲労感などが出る
・重症なケースでは、めまいや呼吸困難などを呈す
・脳や神経の萎縮を起こし、神経障害を起こすこともある
・ピリピリとした痛みや震えなどが出現して、さらには、位置感覚喪失(自分の関節などの位置は無意識のうちに感じていますが、それが分からなくなること)が生じることもある

また、筋力低下、反射の喪失、歩行困難、うつ状態、意識障害、さらに重症になると認知症に似た症状が出てくることがあります。

■ 肉も野菜もバランスよく食べるのがベスト!

ビタミンB12の他にも栄養分の不足が起こる可能性があります。亜鉛が不足することが知られおり、亜鉛が不足すると、うつ状態、味覚障害が生じます。

オランダでは、子どもをローフードで育てている母親が、医者の診断により、成長に必要なカルシウムとタンパク質が足りないと言われ、子どもは身長が伸び悩んでいるというデータも出ています。野菜はもちろん私たちの身体にとって必要なものですが、体にいいからと野菜だけを取るのはよくないのです。

栄養の偏りがないように、バランスのよい食生活を送るのが一番でしょう。