日本戦に臨むイラク代表監督、W杯予選控え「互いに意味のある試合になる」

写真拡大

 10日、キリンチャレンジカップ2015で日本代表が対戦するイラク代表のアクラム・セルマン監督が前日会見を行なった。

 セルマン監督は「日本はアジア的にも、世界的にもとても強いチームなので、明日の試合はとても楽しみです。我々にとってもワールドカップ予選の準備として大切な試合と捉えています。イラクにも優秀な選手はいます。もちろん日本には優秀な選手が多いので、明日はタフな試合になると思います。互いにとって大きな意味のある試合になるでしょう」と、ロシア・ワールドカップのアジア2次予選初戦を控える両チームにとって重要なテストマッチになると強調した。

 日本代表の3月の連戦もチェックしたという指揮官は、「改めて強いチームだと分かった。2試合で勝利を収め、日本はホームでいつもとても強いチームだと思っています」とコメント。「技術も高く、とてもスピードのあるチームです。アジアの中でトップに立つんではないでしょうか」と日本代表の印象を語ると、「明日の試合では多くのことを学びたいと思っています。試験的な試合でもあり、私個人としても勉強ができるのではないか」と意気込んだ。

 セルマン監督は、これでイラク代表を率いるのが5度目になる。最後は「ロシアに導けるように努力をしている」と、ロシアW杯出場を目標に掲げた。