写真提供:マイナビニュース

写真拡大

俳優の真剣佑とタレントの筧美和子が、8月8日に公開される特撮映画『劇場版 仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー』に、ゲスト出演することが明らかになった。

世界的アクション俳優の千葉真一を父に持つ真剣が演じるのは、主人公・泊進ノ介の息子である泊エイジ役で、父顔負けのアクションに挑戦。高校を卒業するまで米ハリウッドで生活していた真剣だが、仮面ライダーシリーズは小さい頃からビデオレンタルで観ており「仮面ライダードライブという新しい、一度しかない"車"のシリーズに出演できることをうれしく思い、とてもワクワクしています」と出演の喜びを語った。

筧が演じる花咲未来は、劇中で犯罪撲滅週間のキャンペーンに起用された売れっ子タレントという役柄。真剣と同じく、筧も小さい頃から弟の影響で仮面ライダーを観ており「色々なお仕事をしてみたいという中でも、仮面ライダーに出れるということは、憧れの憧れでです。それに加えて映画出演というのは、中々経験できることではないので本当にうれしく思います」と感無量の様子だった。

真剣との共演について、仮面ライダードライブ/泊進ノ介役の竹内涼真は「稲葉くんや上遠くんに続く肌のきれいなイケメンが……僕は肌が黒いので。未来からやってくる進ノ介の息子なんですけど、こんなに肌がきれいな子が生まれるのかと(笑)」と嘆きつつ、「アメリカ仕込みで、すごいフレンドリーに接してくれましたね。二人のシーンが多かったんですけど、とても楽しかったですね」と撮影を振り返った。筧とは、まだ現場で絡みがないようで「(ゲスト出演の)柳沢慎吾さんや内田理央さんが撮影の合間に話しているのをを、話したいな〜と思いながら見てました……」と羨ましげな様子だった。

また、会見に登壇した東映の白倉伸一郎プロデューサーは、本作について「『仮面ライダードライブ』もいつかは終わりがきます。これはここ1、2年できなかったことなんですが、もしかしたらこの映画の中で、仮面ライダードライブに続く新しい仮面ライダーの姿が、お目見えしたり、しなかったりするかもしれません」と、注目の新ライダーについても予告。この日の会見では、進ノ介が「マッハドライバー炎」にトライドロンキーを挿すことで変身する新たな姿「仮面ライダー 超デッドヒートドライブ」の姿もお披露目されていた。

映画『劇場版 仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー』は、泊進ノ介が未来からやってきた自分の息子・泊エイジより、"ドライブシステム"――平和を守るためのこのシステムが未来の世界に絶望をもたらすという驚愕の事実が。耳を疑う進ノ介のもとに、謎のマシン・ネクストライドロンを操る最強の敵が現れ、TVシリーズの根幹をも揺るがす危機が描かれる。毎年恒例の「仮面ライダー&スーパー戦隊」の映画として『手裏剣戦隊ニンニンジャー THE MOVIE 恐竜殿さまアッパレ忍法帖!』とともに、8月8日全国公開。

(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映