こぼれ落ちてしまうものに「これからのクリエイティヴ」がある:第1回「CREATIVE HACK AWARD 2015オープンセミナー」レポート

写真拡大

『WIRED』日本版が主催する「CREATIVE HACK AWARD」が今年も開催。そのテーマである「既成概念をハックする」とはどういうことなのか。同アワードをより理解するためのオープンセミナーで、審査員を務める電通の佐々木康晴、イアリンジャパンの笠島久嗣が「いま求められるクリエイティヴ」を語った。

「こぼれ落ちてしまうものに「これからのクリエイティヴ」がある:第1回「CREATIVE HACK AWARD 2015オープンセミナー」レポート」の写真・リンク付きの記事はこちら
CREATIVE HACK AWARD2015、応募受付中!

都市、身体、科学、テクノロジー、文化…。この世のすべてが、いまやハックの対象だ。グラフィック、動画、3D、企画書。アウトプットの手法も、自在にハックせよ! 新しい世界をつくる新しい発想(クリエイティヴ)を、ぜひエントリーください。締め切りは2015年9月30日(水)。応募はこちらから受け付けています。
http://hack.wired.jp/

「既成概念をハックせよ」

このテーマを掲げて『WIRED』日本版が2013年に立ち上げた、次世代クリエイターのためのアワード「CREATIVE HACK AWARD」(CHA)が今年も開催。「グラフィック」「ムーヴィー」「3Dプロダクト」「アイデア」の4つの部門で、新たな発想を募集中だ。

既成概念をハックする、とは一体どういうことなのか。わかりにくいテーマを噛み砕く場として昨年好評だったオープンセミナーを、今年は複数回開催する。その第1回目として、同アワードの審査員を務める電通の佐々木康晴、イアリンジャパンの笠島久嗣をゲストに迎え、『WIRED』日本版編集長・若林恵、エディターの小谷知也を交えた4人で、CREATIVE HACK AWARDが求める「これからのクリエイティヴ」を語った。

まずは小谷が、CREATIVE HACK AWARDを立ち上げた経緯を紹介。このアワードの発端には、ペンタブレット製品の開発などを通してクリエイターと近い位置にあったワコムとWIREDとの対話があったという。そこで語られたのは、日本のクリエイターが置かれている環境に対するふたつの「問題意識」だった。

「世界のアニメーションやグラフィックのクリエイティヴシーンを見ているワコムは、日本のクリエイティヴ業界で働く人々の労働環境が海外と比べてよくないのではないか、という問題意識をもっていました。アニメーションやゲーム業界は日本の武器だと思われているけれど、このままでは日本のお家芸がなくなってしまうのではないか、と。その現状を変えるために何か新しい風をクリエイティヴ業界に吹かせたい、という想いが、ぼくらがアワードを立ち上げた理由のひとつです。

もうひとつは、世界のクリエイティヴの状況を見ると、日本のクリエイティヴシーンと最も違うところは、クリエイター自身がビジネスマインドをもっていること。日本ではクリエイターというのは職人的にいいものをつくればいいと思われがちで、発信する力が弱いという課題がありました。そこでこのアワードでは、クリエイターはどうビジネスマインドをもち、自分の力やアイデアをどう世の中に広げていけばいいのかといったことも一緒に考えていきたいと思っています。

既成概念を壊して、“あたりまえ”を疑ってみる視点をみんなでもってみよう。そういう意味を込めて『ハック』という言葉を使い、CREATIVE HACK AWARDを立ち上げました」


TAG

ArtCreativeCreative Hack Award

佐々木康晴|YASUHARU SASAKI
電通CDC専任局長/エグゼクティヴ・クリエイティヴ・ディレクター
1995年電通入社。コピーライター、インタラクティヴ・ディレクターなどを経験したのち、2011年からニューヨークに出向。現在Dentsu NetworkのExecutive Creative Director。カンヌ・ライオンズ、D&AD、One Showなどの国際広告賞を数々受賞し、国際賞の審査員経験や国際カンファレンスでの講演も多数。2011年クリエイター・オブ・ザ・イヤー・メダリスト。

CREATIVE HACK AWARDのテーマである「既成概念をハックする」とはどういうことなのか。本セミナーの本題であるこの問いに対し、佐々木は逆説的な答えを披露する。

「衰退産業のぼくら広告業界はいま、新しいやり方を、つまりハックする方法を探しています。でも同時にハックの意味を規定し過ぎてはいけないという気もしていて、例えば『ハックというのはこういうことで、映像をこういうふうにしてください』と言われてつくっても、つまらないものしかできないと思うんです。応募する側からすれば『ハックといわれても何をどうすればいいのかわからない』と思うかもしれませんが、そこはわからないままでいい。ハックの定義はあいまいにしておいたほうがいいとぼくは思います。

ただひとつ言えることは、グラフィックデザイナーだからグラフィックだけ、映像作家だから映像だけしかつくらないという状況からは、ハックは起きないということ。つくり手が自分の定義を決めずに『何でもやっていい』と思えるような状況こそが、世の中を変えていくのでしょう」

『WIRED』日本版編集長・若林も、昨年のグランプリ作品「Morphing Cube」を引き合いに出し、こう続ける。

「この作品はもともとムーヴィー部門に応募されたけれど、作品自体は『ムーヴィー』でもなければ『3Dプロダクト』でもない。要はどのカテゴリーで応募してきてもこぼれ落ちてしまうものでした。そうした、既に存在するどのカテゴリーにも当てはまらないものに、これからのクリエイティヴの新しい萌芽があるんじゃないかと思っています。アワードに応募する際に部門は分かれていますが、それは便宜上のフォーマット以上の意味はないかもしれない。どれにも当てはまらないもの、『これはなんなんだろう?』と領域を横断してしまうものがCREATIVE HACK AWARDらしいんじゃないかと思いますね」

笠島久嗣|HISATSUGU KAJIMA
イアリンジャパン取締役。
第1回TBS Digicon6 最優秀賞受賞。同年、東京工芸大学デザイン学科卒業後、2001年からTBS-CG部に6年間勤務。主にヴァラエティ、ニュース、スポーツを中心に、TVグラフィックのディレクションと制作を担当。退社後07年に渡欧し、チェコの映像プロダクションEallinに勤務。チェコ国内外に向けて、CM、MV、TVグラフィックを制作。2010年に帰国後、イアリンジャパンを設立。

一方、海外で働いてきた笠島は、自身の経験からクリエイティヴを発揮するためのコミュニケーションの重要性を語った。

「海外で働くと、本人の意向とは関係なく常に『日本らしさ』は求められるんです。ぼく自身はそこに自分の価値を見出す、あるいはやはり自分のルーツは日本にあるということに気づくことができました。そういった『自分のクリエイティヴ』をグループのなかで発揮するための、最初で最大の問題はコミュニケーション。どうやって自らの意思ややりたいことを反映させるか、回りを動かしていくか。そこには非常に厳しい闘いがありますが、コミュニケーションをきちんととっていくことでチャンスは広がっていくものだと思います」

トークセッション終了後には会場からの質問を受ける時間もとられ、「今後のクリエイティヴシーンはどうなるのか」との質問に対し、ふたりはこれからのクリエイティヴの可能性をこう語った。

「海外と日本を比べたときに、クリエイティヴの質に差はないと考えています。いちばん違うと思うのは、そこにお金を払う人たちの感性。つまりクライアントと呼ばれる人たちの、美術・デザインに対する造詣の深さです。彼らは常に自分なりの審美眼を磨いているので、クリエイターからの新しい提案に対しても理解があるのです。日本でもクリエイターにお金を払う立場にいるクライアントの考えがそのように変わっていくと、クリエイティヴシーンはどんどん盛り上がっていくと思います」(笠島)

「クリエイティヴのための場所や道具は増えましたよね。中学2年生のぼくの娘は描いた絵をInstagramで発表していますが、こうした新しい道具が、かつてはできなかった方法でクリエイティヴを世に出すことを可能にしています。それはすごくいいことで、そこから新しい才能が見つかればいいし、クリエイターがお金を集める方法が見つかればいい。こういった流れが、これからも続いていけばいいと思います」(佐々木)

これからのクリエイティヴは、もはやクリエイターだけのものではない。その新たな芽は、思いもつかなかったところで、思いもつかなかったかたちで見つかるのかもしれない。

CREATIVE HACK AWARD2015、応募受付中!

都市、身体、科学、テクノロジー、文化…。この世のすべてが、いまやハックの対象だ。グラフィック、動画、3D、企画書。アウトプットの手法も、自在にハックせよ! 新しい世界をつくる新しい発想(クリエイティヴ)を、ぜひエントリーください。締め切りは2015年9月30日(水)。応募はこちらから受け付けています。
http://hack.wired.jp/

TAG

ArtCreativeCreative Hack Award