デザイン性の高いマグネシウム合金製の筐体

写真拡大

日本マイクロソフトは10.8型タブレット「Surface(サーフェス) 3」を2015年6月19日に発売する。4G LTE/Wi-Fi対応の個人向けと、Wi-Fi対応の法人向けモデルをラインアップする。

内蔵ストレージ64GB、128GBを用意 「Windows 10」無償アップグレード対象

ディスプレイにマルチタッチ対応の10.8型ClearType フルHD+液晶(1920×1280ドット)を搭載。デザイン性の高いマグネシウム合金製の筐体で、厚さ8.7ミリ、重量約641グラムを実現した。背面に3段階調節可能なキックスタンドを備える。

OSは「Windows 8.1 update」(64bit版)をプリインストール、「Windows 10」への無償アップグレード対象。CPUはクアッドコア「Atom x7」、メモリーは2GB(ストレージ容量64GBモデル)、4GB(同128GBモデル)。無線通信はIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN、Bluetooth 4.0をサポート。

個人向けモデルは「Y!mobile」を通じて発売され、「ワイモバイルショップ」での価格は、一括払いの場合64GBモデルが8万1800円、128GBモデルが9万1800円。料金プランは月額基本料が3696円(4年目以降4196円)で利用できる。月間のデータ通信料は7GB。価格は全て税別。永続的にアップデートが約束される「Office Premium プラス Office 365 サービス」を日本独自にインストールする。

個人向けモデルの予約は5月20日から始まっており、特典として「Surface ペン」(5980円相当)がプレゼントされる。