なでしこ安藤が左足骨折で無念の途中離脱

写真拡大

 日本サッカー協会(JFA)は10日、女子W杯に出場している日本女子代表(なでしこジャパン)のMF安藤梢が、左足腓骨外果骨折と診断されたと発表した。

 9日に行ったグループリーグ第1戦のスイス戦に先発出場した同選手は、試合中に相手GKと激しく接触。先制点となった前半29分のPKを獲得していた。しかし、佐々木則夫監督も試合後に「厳しい状況」と話していた通り、診断結果も重く、無念の途中離脱となった。


●女子W杯2015特集