Doctors Me(ドクターズミー)- 不妊治療はどう始める?まずは“カウンセリング”から始めてみよう!

写真拡大

不妊でも子どもが欲しい!

なかなか赤ちゃんを授からないことに悩んでいる方はとても多いのですが、その一方で「不妊治療」に関して具体的で正確な情報を得ることは難しいですよね。不妊の原因やそれぞれの経済状況、年齢などケースバイケースで、自分と同じような状況の人の情報というのは、なかなか見つけにくいものです。

でも不妊治療は大きな決断ですから、治療に入る前にできるだけいろいろな情報を得て、心構えをしておきたいですよね。

不妊治療を行う、その前に……!

不妊治療をするにあたり頼りになるのが、不妊カウンセリングや不妊カウンセラーの存在です。

●不妊カウンセリング
高度生殖医療を行う大学病院や不妊クリニックなどで産婦人科の医師が行うケース、あるいは不妊カウンセラーの資格を持つ人と個別に会って行うケースもあります。

●不妊カウンセラー
学会認定の資格のひとつ。不妊治療に携わる医師や看護師、培養士(受精卵の培養を行う技術者)、臨床心理士などが多いです。

まずはプロのカウンセラーに相談しましょう

不妊カウンセリングでは、カップルの状況に合わせて、不妊症の原因の検査から、タイミング法、人工授精、体外受精、顕微授精といったステップごとの費用や手順、成功率などについて、時間をかけて相談することができます。

また、身体的、精神的、経済的な負担に関しても、個人の事情に合わせて(例えば痛みに弱い、仕事をしていて時間に制約があるなど)知識と経験のあるカウンセラーが相談にのってくれるので、安心して不妊治療をスタートすることができますよ。