Doctors Me(ドクターズミー)- 不妊の原因に“性格”が関係しているってホント??

写真拡大

そもそも“不妊の原因”って何だろう?

“不妊は体質からくるもの”と、誰もが信じているかもしれません。
しかし長いこと不妊症外来を見ていると、“不妊”と“性格”には関連があるのではないかと考えることがあります。

明らかに無精子症などといった器質的異常ではない限り、不妊症は病気ではありません。
「体内のホルモンバランスが……」とよく説明しますが、つまりはホルモンの分泌が万全に行われていないために、排卵や着床がうまくいかないわけです。

妊娠しないワケは“精神的ストレス”が影響している!?

まだ高校生や大学生といった思春期のころ。うまく気持ちをコントロールできず、月経が不順になることがありますよね。それは精神的・身体的にストレスを強く感じている時です。

この精神的ストレスというものが、不妊の原因になることがあります。
不妊についてウェブや雑誌を読みあさり、正しいか正しくないかも分からない情報に振り回され、不安があおられ、精神的ストレスを引き起こしてしまうのです。

情報収集の過程でいろいろと悩みが重なっていきストレスをさらに生み出し、妊娠しにくい傾向に陥ってしまうのは、なんとも皮肉なことです。

不妊治療に向いている性格とは?

体調や気持ちを万全にすること。
それだけでも、ホルモン分泌が正常に整うことがよくあります。

そういった意味では、妊娠しやすい人の傾向としては「いろいろなことに振り回されず、この方法がダメなら次! というように、くよくよ悩みこまないさっぱりとした性格」といえるでしょう。