北海道で圧倒的なシェアを誇るセイコーマート

写真拡大

 飽和状態といわれながらも、激しい出店争いを続けているコンビニエンスストア。日本フランチャイズチェーン協会の調べによると、2015年4月時点で大手10社の店舗数は5万2417店で、前年同月比で4.5%のプラス。いまも着々と増え続けているのである。

 だが、その内訳を詮索してみると、セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートの店舗数合計が4万1000店を超えており、ほぼ上位3社でシェアを独占しているのが現状だ。

 そんな中、ローソンの玉塚元一社長が共同通信のインタビューに、〈中堅、下位のチェーンを合わせるとまだ1万店ほどある〉と答え、他チェーンの買収なども含めてさらなるコンビニ再編を仕掛ける構えを見せた。

 ローソンはすでに中国地方を地盤とする中堅コンビニ、ポプラと資本提携を結び、商品の共同仕入れなどをしているが、3位のファミマと4位のサークルKサンクスが予定通りに経営統合すれば、店舗数で逆転される。

 そこで、新たに空白地帯を埋めていくよりも、他チェーンとの協業を深めて事業領域の拡大や、スケールメリットを追う戦略に出ているわけだ。

 玉塚社長の言う通り、地方に行けば大手チェーンにはない特色を持った“ご当地コンビニ”が存在する。コンビニ業界の専門紙『コンビニエンスストア速報』編集長の清水俊照氏協力の下、ローカル色の強い中堅コンビニを紹介しよう。【※カッコ内は4月末時点の店舗数】

■セイコーマート(1158)
 北海道を地盤に1158店を展開。道民のみならず観光客からも強い支持を得ている。牛乳やアイスクリームなど自社開発のプライベートブランド(PB)は品数が豊富で値ごろ感が強い。また、店内調理(ホットシェフ)の弁当や開発輸入のワインなども人気。焼き鳥丼で人気のハセガワストアや北海道SPAR、タイエーはセイコーマートの系列。

■セーブオン(608)
 群馬県が本拠地のコンビニ。スーパーやホームセンターを持つベイシアグループの1社で、共同開発PBは価格的優位性が高い。オリジナル商品には食パンや加工食品などのほか、ビールやエナジードリンクといった飲料も豊富に揃う。また、「挽きたてコーヒー」は元バリスタチャンピオン監修で人気が高い。

■ココストア(グループ合わせて783)
 本拠地は愛知県だが、いまや東北から沖縄まで全国で展開。系列のエブリワンは九州で219店を展開するなど地元で圧倒的な知名度を誇る。4種類の具材が同時に味わえる「ばくだんおにぎり」や、店内で調理する焼きたてパンが人気。

■スリーエフ(560)
 かつて「ヨコハマ生まれのコンビニ」と宣伝していたように、神奈川を地盤に1都3県で展開。地元の朝採れ野菜や果物をはじめ、地場商品に力を入れている。また、suica、楽天Edy、iD、Tポイントなど使える電子マネーが多い。

 これら地方で愛され、規模も拡大させているご当地コンビニ。だが、清水氏が「コンビニは基本インフラビジネスなので、中小だと商品開発やサービス面で大手に太刀打ちできない」と指摘するように、寡占化の波はジワジワとローカルコンビニをも飲み込もうとしている。

「ココストアはイオン系のミニストップと提携し、イオンのPB(トップバリュ)商品を扱っていましたが、その関係を解消して現在ファミマと提携交渉に入っています。

 また、スリーエフの四国でのエリアFC(フランチャイズ)だったサニーマートが今年2月からローソンのFCになったり、セーブオンが長野から撤退して7月より27店をローソンに転換する予定だったりと、再編の動きは一層激しくなっています」(清水氏)

 今後も「看板」が変わるコンビニは増えそうだが、ローカルチェーンならではの魅力まで失われてしまう合従連衡なら、消費者も決して歓迎しないはずだ。