DF森重、ハリルホジッチからの要求に「瞬時に応えることが大事」

写真拡大

 11日に行われるキリンチャレンジカップ2015のイラク戦、16日に行われるロシア・ワールドカップ、アジア2次予選初戦のシンガポール戦に臨む日本代表が9日、横浜市内で練習を行なった。

 FC東京に所属するDF森重真人が練習後、取材に応えている。

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督からのDF陣に対する要求について「守備はアグレッシブに行く。そして奪った瞬間に前を見ろ、と合宿の最初から言われています。出し手と受け手の意識の高さが求められますね」と話した。

 また、「どんな監督であれ、監督の求めていることに瞬時に応えることが大事。チームと代表とでは、やることも違うのでしっかりと切り替えてやっています」と、所属クラブとは異なる戦術にも対応できていると語った。

 そして「これから監督がもっと戦術を落とし込んでくると思うので、早く吸収できるようにしたい。今日、初めて戦術練習をしたので、一つ一つのトレーニングを大事に、積み重ねていきたいです」と今後に向けて意気込んでいる。