DARPA主催の災害救助ロボ競技大会、優勝は韓国チーム(動画あり)

写真拡大

2011年の福島原発事故で緊急隊員が直面した状況から考案された「8つの課題」にロボットが挑戦する大会「Darpa Robotics Challenge」で、韓国チームが優勝。日本からは4チームが参加したが、最高が10位だった。

米国防総省の国防高等研究計画庁(DARPA)が主催する「2015 Darpa Robotics Challenge」で、韓国のロボットがほかの22体のロボットを破り、200万ドルの賞金を手に入れた。

「DARPA主催の災害救助ロボ競技大会、優勝は韓国チーム(動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら

韓国の国立大学KAIST(韓国科学技術院)チームによるロボット「DRC-Hubo」は、瓦礫のなかを歩く、階段を上る、ドアを開ける、単独で車を運転するなどの課題の完了に成功した。これらの課題は、2011年に福島の原子力発電所で発生した災害で緊急隊員が直面した状況から考案されたものだ。

ロボットたちは8つの課題を完了する必要があり、そのうちの6つまでは事前にチームに知らされていたが、残り2つの課題は秘密で、競技が始まらなければわからないようになっていた。秘密の課題のひとつでは、ロボットたちは大きな黒いプラグをコンセントから抜いてから元に戻すことを要求された。非常に器用な手先の動きを必要とする課題だ。

2015年の大会では、初めてロボットがデザーなしで競い合った。そのためロボットたちはバランスを失い、つまずいたり、倒れたりするものが続出した。

大会では、米国から12チーム、日本から4チームのほか、ドイツ、イタリア、韓国、香港からもロボットが参加。大会が開催されたカリフォルニア州ポモナにあるカウンティフェアの会場「Fairplex」には、競技を観戦しようと大勢の観客が集まった。

ほとんどのロボットは、制作したチームの人間によって制御され、8個の課題すべてを最も速く完了する能力で判定された。各チームには、一連の競技を完了するチャンスが2回与えられるルールだ。

優勝した「チームKAIST」の成績は、スコアが8点、タイムが44分28秒で、2位となったチーム「IHMC Robotics」(フロリダ州にあるロボット工学研究所IHMCによるもの)と同スコアだが、5分以上速かった。

そのほかで8つの課題すべてを完了したのは、カーネギーメロン大学チームの「Tartan Rescue」だけで、時間は55分15秒だった(日本チームは、最高ランクが新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と産業技術総合研究所の連名チーム「AIST-NEDO」の10位で、スコアは5点だった)。

2位のロボットには100万ドル、3位には50万ドルが授与された。

2015年の大会は3回目で、最後の「Robotics Challenge」となったが、これはロボットたちが人間とともに災害地域で作業するための「始まりでしかない」と、DARPAのアラティ・プラバカー局長は述べた。

TAG

DARPARobotVideoWIRED UK