Doctors Me(ドクターズミー)- アンダーヘアの"正しい自己処理"は○○を使う!

写真拡大

アンダーヘアの処理、していますか?

女性のたしなみとして、アンダーヘアの自己処理をすることはとても大切です。
しかし、「自分で自己処理をするのがコワイ」とか、「どうやって処理していいのか分からない」と言う女性も多いことでしょう。

そこで今回は、正しいアンダーヘアの自己処理について、紹介したいと思います。その前にまずはNGな2つの処理方法からお伝えしましょう。

NG処理1:毛抜きで抜く


抜いた際に痛みを伴うだけでなく、

・しっかりと抜けきれないために生じる埋没毛
・抜いた時に細菌が入りこんで生じる毛包炎という毛穴の炎症
・毛穴周辺のヒフの盛り上がり

…といった悪影響をを招く可能性が。
さらに、頻回の毛抜きでの処理でヒフに刺激を与えると、色素沈着の原因にもなります。

NG処理2:除毛クリームを使用


除毛クリームは、毛の構成成分であるタンパク質に作用するように作られています。
そのため、同じタンパク質であるヒフに対しても、多少なりともダメージを与えてしまうため、ヒフがかぶれてしまう可能性もあります。

デリケートゾーンのかぶれを、適切に治療しないで放っておいたり、ついつい掻いてしまうと、それが刺激となって色素沈着の原因にもなりかねません。

安全な方法は“剃る”


自己処理で、比較的トラブルが少なく安全なのは、電気シェーバーやカミソリ等で剃ることです。

方法は次のとおり。

1:肌に直接カミソリの刃が当たりにくくするように、シェービングフォームや石鹸をよく泡立てたものをつけてから行う。

2:剃り終わった後は、デリケートゾーンをぬるま湯で軽く洗い流し清潔にした後、乳液やボディークリームなどでしっかりと保湿してあげましょう。