決勝弾の宮間がスイス戦MOM…150試合出場達成に花を添える

写真拡大

 FIFA女子ワールドカップ・カナダ2015のグループステージ第1節が8日に行なわれ、なでしこジャパンはスイス女子代表と対戦。1−0で勝利したこの試合で決勝ゴールとなるPKを決めたMF宮間あやがFIFA選定のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選ばれている。

 スイス戦に先発出場した宮間は代表通算150試合出場を達成。29分に先制となるPKをきっちりと決めると結局これが決勝点となった。この試合唯一のゴールを決めた宮間はMOMに輝き、自身にとって節目の試合に花を添えた。

 なでしこジャパンは、12日にグループステージ第2節で、カメルーン女子代表と対戦する。