ぷるんとした食感ですっきりとした口当たりの寒天。肌の露出が多くなる本格的な夏に向けてダイエットをしなくちゃ、という方には、寒天ダイエットがおすすめです。

「ゼリー」と「寒天」、似ているけどどう違う?

ゼリーの原料となるゼラチンは、動物性のコラーゲンからできているので、主成分は動物性たんぱく質です。それに対して、寒天の原料は天草などの海藻で、主成分は食物繊維です。どちらもぷるんとした口当たりですが、寒天の方が固めで食べごたえがあるでしょう。それは、原料の違いからくるものなのです。寒天にはカロリーはほとんどありませんが、動物性コラーゲンであるゼリーのカロリーは1個分で約20キロカロリー。カロリーの低さも寒天がダイエットに適している理由です。

寒天の特徴は保水力が高い食物繊維

寒天の特徴は、食物性繊維が豊富に含まれていることです。しかも、寒天には水溶性と不溶性の食物繊維がバランスよく含まれているのです。

水溶性食物繊維の効果は?

水溶性食物繊維は、水に溶けてゲル状になります。血糖値の急激な上昇を抑える効果があるので、肥満のもとになるインスリンの分泌が抑えられます。コレステロールなど余分な脂質の吸収を抑えて、体外に排出するのも水溶性食物繊維の働きです。

不溶性食物繊維の効果は?

不溶性食物繊維の特徴は、スゴイ保水力です。水に溶けないため、体内で水分を吸収して何倍にも膨らみます。寒天ダイエットの効果は、不溶性食物繊維の働きによって満腹感を得られることです。また、腸の運動を促し便を柔らかく排出しやすくする効果もあります。

寒天ダイエットが夏にピッタリな理由

他の食品の食物繊維は食べても消化されず、余分なコレステロールとともに体外に排出されます。寒天の食物繊維は保水力が高いので、大量の水を含んで腸に到達します。そのため、腸内で糖分の吸収を遅らせて、コレステロールを吸着するのです。寒天以外の食品から食物繊維を摂るよりも多くのコレステロールが排出されることになります。食欲が落ちる夏でも、寒天だったら食べられるという方も多いのではないでしょうか。寒天ダイエットは、まさに、これから夏にかけてピッタリのダイエット法です。


writer:岩田かほり