写真提供:マイナビニュース

写真拡大

初めての妊娠には、大きな喜びだけでなく不安も伴うもの。少しずつ大きくなるお腹に愛着が湧きつつも、”妊娠線”が心配になるママも多いのでは? ちなみに妊娠線とは、急激に大きくなるお腹に真皮や皮下組織の一部が対応できず生じてしまう皮膚の亀裂のこと。

マイナビニュース会員(出産後3年以内のママたち)への調査でも、「妊娠中、妊娠線ができないか心配だった」ママは実に91.4%。不安に思っているママが大半であることが分かった。しかも実際に「妊娠線ができてしまった」ママは39%と、4割近くに上る。4割といえばけっこうな割合と言えるのではないか。

そこで今回は、なかなか聞く機会も少ない妊娠線のケアについて、産婦人科医の善方裕美先生に聞いてみた。

※インターネットログイン式アンケート。2015年5月22日〜5月25日の期間、マイナビニュース会員のママ限定94名に実施

○善方裕美 医師

日本産婦人科学会専門医、日本女性医学会専門医 1993年高知医科大学を卒業。神奈川県横浜市港北区小机にて「よしかた産婦人科・副院長」を務める。また、横浜市立大学産婦人科にて、女性健康外来、成人病予防外来も担当。自身も3人の子どもを持つ現役のワーキング・ママでもある。

主な著書・監修書籍
『マタニティ&ベビーピラティス―ママになってもエクササイズ!(小学館)』
『だって更年期なんだもーん―なんだ、そうだったの?この不調(主婦の友社)』
『0〜6歳 はじめての女の子の育児(ナツメ社)』など

○クリームやオイルで保湿を

――まずは「こういう人に妊娠線ができやすい」傾向がありましたら教えてください

「妊娠線ができやすい人の傾向としては、”弾性繊維の伸びが弱い人”が上げられます。ほっぺのお肉をひっぱってみて、良く伸びるようならできにくい体質であると言えるでしょう。逆に伸びない方はできやすいと言えます」。

妊娠線ができやすい時期については、「一般的には妊娠8か月以降で注意が必要ですが、もっと早い時期からできてしまう方もいらっしゃいます。早めの対策をしておくに越したことはないですね」。

――早めの対策が肝心ということですね。では、妊娠線ケアはどのようにするのがおすすめでしょうか?

「乾燥した肌の弾性繊維は断裂しやすいので、できるだけ保湿を心がけてほしいですね。クリームやオイルで保湿すると、妊娠掻痒症というかゆみの防止にもなり一石二鳥です。保湿クリームやオイルはたっぷりと浸透させるように塗り、こすらないようにしましょう」。

○オイルとクリーム、それぞれの使い心地は?

善方先生に教わった方法で、実際にマイナビニュースで働く妊娠中のスタッフAに保湿クリーム・オイルを1週間試してもらった。今回使ったのは「ピジョンオーガニクス」のマッサージクリームとマッサージオイル。

「オイルはベタつくイメージがあったので、これまではクリームしか使っていませんでした。でもこのオイルはさらっと馴染むし、べたつかず伸びもいいですね。香りも強すぎず快適に使えました」。

お腹だけではなく、太ももから鼡径部(そけいぶ・太ももの付け根にあるくぼんだ部分)、鼡径部から脇腹と下から上に向かってマッサージすると、血流がよくなり浮腫防止にもなるんだそう(善方先生談)。

続いてクリームも試してもらった。

「オイルはお風呂あがりにゆっくり全身をマッサージをするように使っているので、クリームはお腹に塗ってみました。朝ご飯を作ったり掃除をしたりという家事の合間にでもさっと塗れるのが良いですね。柔らかいクリームなので、しっとりしていて塗り心地もいいです」。

リラックスタイムにはオイルでマッサージを、忙しい時にはクリームでサッとケアを、と使い分けるのが良いかもしれない。妊娠線ケアのマッサージは、お腹の赤ちゃんを感じることもできる幸せなひととき。お気に入りのアイテムを見つけて、毎日のケアを楽しんでみてはいかがだろう?