Doctors Me(ドクターズミー)- 《結婚直前》 襲ってくる" 6つの感情"の解消法!

写真拡大

マリッジブルーとは、結婚を控えた人が間近に迫った結婚生活に突然不安や憂鬱を覚える、という精神的な症状の総称です。

ちなみに、響きは英語ですが和製英語です。婚約期間というと結婚を控えて一番幸せそうな時期なのですが、不思議ですよね。今回は女性に起こるマリッジブルーについて、起こりうる感情、その原因、解消法を見ていきましょう。

主に不安と憂鬱…。結婚直前に襲う、6つの感情とは

1:「本当にこの人でいいの?」と不安になる。
2:結婚相手が自分をずっと愛してくれるのか不安になる。
3:「結婚したら、趣味に使える時間、お金とか、今までの自由を奪われていくのでは」と不安になる。
4:周りに祝福されると、それがプレッシャーになり、焦る。
5:感情の波が激しく、精神的に落ち着かない。
6:結婚相手の家族または友人とうまくいきそうにない。

なぜ、結婚を決意した相手にネガティブな感情が生まれるの?

簡単にいってしまえば、変化に対する恐怖心からマリッジブルーは起こるのです。

今まで実家に住んでいた人は、実家から離れて暮らすこともあるでしょう。夫婦になるとはいえ、赤の他人だった人とひとつ屋根の下で暮らしたり、また義理の家族との関係が加わってくることは大きな変化。「嫁と姑」という言葉がありますが、義理の家族との関係は過大なストレスの元にもなります。

マリッジブルーを解消するには……

変化からの恐怖心が大元になるので、結婚して生活が変化してしまえば、大抵の場合消えてしまうもの。あまり、深刻に受け止めないことも大事です。

いっぽう結婚してから変化に慣れるかどうかは、マリッジブルーとはまた別問題です。もし、変化についていけずに数カ月以上精神的に不安定になる場合、適応障害など他の精神的な病気が隠れている可能性も…。その場合は、精神科や心療内科に相談しましょう。

また、パートナーと向き合い、しっかりと話し合うことも大事になります。もともとは、赤の他人ゆえ価値観が違って当然です。そんな相手への理解を深めるためにも、話し合うことが新たな家族を築いていく上でも重要になるのです。

結婚は、ゴールではない

結婚という大きな変化に飛び込むのは不安かもしれませんが、その不安を乗り切れば、自分自身がひとまわり成長できるはず。結婚はスタートであって終わりではないのですから、結婚してからが勝負ですよ!