4月に行われた水泳の日本選手権では、14歳の中学生・池江瑠花子(ルネサンス亀戸)が50mバタフライで優勝、1996年の青山綾里以来19年ぶりに中学生が日本一を飾る快挙を成し遂げた。

また池江は200m自由形でも3位に入り、世界選手権800mフリーリレーの日本代表にも名を連ねている。

すると8日放送、テレビ朝日「報道ステーション」では「中学生が世界水泳代表 池江瑠花子(14)速さの理由」と題し、彗星の如く現れた日本水泳界の新星・池江の強さに迫った。

1歳半で既に鉄棒で逆上がりができ、5歳では水泳の個人メドレーに出場するほど幼少時代から類い稀なる運動神経を持っていた池江だが、強さの秘密は自宅リビングの天井に取り付けられたうんていと遊びの中で育まれたイメージトレーニングにあるという。

彼女の自宅を訪れた松岡修造氏も「意味が分からない」と驚いたうんていは、池江の希望により母が取り付けたもの。毎日遊びでうんていをすることで自然と水を掻く強い筋力が備わり、池江自身も「これがなければ腕の力が付いてなかったと思う」と話すほど。

それだけではない。「前日の夜とレース前の招集場で落ち着いている時に、飛び込み台に立つ自分をイメージして台にのぼって笛が鳴って泳いで呼吸の動作もやっちゃってターンしてゴールタッチしてタイムを見るまでをイメージします」。番組カメラにこう語った池江は、14歳とは思えないほど具体的にレースの展開をイメージする。

これもまたうんていと同様「ごっこ遊び」をする中で育まれた池江の強みだ。ここでも松岡氏は「イメージトレーニングは絶対必要。ただ(できるようになるのは)もっと年齢が後なんですよ」と驚きを隠せずにいた。