WWDCの「One more thing」は「Apple Music」(動画あり)

写真拡大

アップルは、音楽ストリーミングサーヴィス「Apple Music」を発表した。同サーヴィスには、24時間オンエアのグローバル・ラジオステーション「Beats 1」や、アーティストとファンが交流できる「Connect」機能が盛り込まれている。

「WWDCの「One more thing」は「Apple Music」(動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら

アップルが開発者向け会議「WWDC」で、基調講演の最後に「One more thing」と言って発表した内容は、予想されていたこともあって、それほど驚くような内容ではなかった。

アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は「本日、『Apple Music』を発表します。音楽を体験する方法を一新するものです」と紹介した。注目すべきは、このサーヴィスが6月30日に「iOS」で提供開始されるだけでなく、秋からは「Android」でも利用できるようになることだ。さらに、最初の3カ月間は無料で使えるという。

Apple Musicを利用すると、「iTunes」のライブラリに加えて、膨大な数の楽曲をストリーム再生したり、オフラインで聴いたりできる。

アップルの狙いは、直感的に使える、パーソナライズされたプレイリスト機能を提供して、音楽体験をキュレーションすることだ。「Spotify」のように、専任のキュレーターを使って、ユーザーが気に入るであろうプレイリストを作成するという。

アップルはさらに、Apple Musicの一環として、24時間オンエアのグローバル・ラジオステーション「Beats 1」を提供開始する。

3都市(ロサンゼルス、ニューヨーク、ロンドン)のスタジオから世界100か国以上に向けて、3人のDJがプログラムの制作を担当。その中には、英国BBCのラジオ局「Radio 1」でDJを務めていたこともあるゼイン・ロウ(日本語版記事)も含まれており、ロサンゼルス発のプログラムを担当する。

TAG

AppleAppleMusicVideoWIRED UKWWDC

Apple Musicの中核機能は、ミュージシャンのSNSのような「Connect」だ。これによってミュージシャンたちは、自己表現の場が得られるほか、どんな方法でも自由にファンとコミュニケーションが取れるようになる。最新の楽曲や、バック・ステージで撮った写真、書きかけの歌詞、新しいリミックスを投稿することも可能だ。アーティストたちは、有名か無名かにかかわらず、さまざまな方法で自分のコンテンツを共有できるようになる。

調査会社フォレスター・リサーチのジェームズ・マッキーヴィは、Apple Musicが、Spotifyなどを打ち負かすのではないかと考えている。その理由は、「Apple Musicのほうが優れたサーヴィスになるからというわけではなく、忠実なアップル・ユーザーがすでに好んで使っている膨大な数のデヴァイスに、Apple Musicを組み込めるようになるから」だ。アップルは1年もしないうちに、Spotifyの有料会員ベースに追いつけるかもしれない、とマッキーヴィ氏は付け加えた。

※以下の動画は、WIRED USによるもの。

TAG

AppleAppleMusicVideoWIRED UKWWDC