主将MF宮間がなでしこ通算150試合出場…2度の五輪、4度のW杯出場

写真拡大

 FIFA女子ワールドカップ カナダ2015のグループC第1節が8日に行われ、なでしこジャパンはスイス女子代表と対戦。同試合に先発出場したMF宮間あやが代表通算150試合出場を達成した。

 現在30歳の宮間は2003年3月19日のタイ女子代表戦で代表デビューを果たすと、同年のW杯アメリカ大会にも出場した。2005年頃からレギュラーに定着し、2007年のW杯中国大会、2008年の北京・オリンピックに連続で出場。2011年のW杯ドイツ大会ではなでしこジャパンの初優勝に大きく貢献している。

 2012年2月には代表の先輩であるMF澤穂希の後任としてなでしこジャパンの主将に任命された。さらに同年のロンドン・オリンピックではキャプテンとしてチームを牽引し、銀メダルを獲得。アジア年間最優秀選手賞には2度にわたって選出されている。

 なお、スイス戦までの通算成績は149試合で36得点となっている。