Windows機器との連携もスムーズ

写真拡大

パソコン(PC)およびタブレットなどの製造・販売を手がけるマウスコンピューター(東京都千代田区)は、スマートフォン「MADOSMA(マドスマ) Q501」を2015年6月18日に発売するのに先駆け、6月2日から予約を開始した。直販価格は3万3800円(税込)。

16GBのmicroSDカードと液晶保護シートが付属

SIMロックフリーで、OSに「Windwos Phone 8.1 Update」をプリインストール。「OneDrive」や「Office」、「Skype」などマイクロソフトの提供するサービスと親和性が高く、「マイクロソフトアカウント」を利用し、Windows PCやタブレットとの連絡先などのデータ同期がスムーズに行える。

ディスプレイは5型HD(1280×720ドット)IPS液晶を搭載。プロセッサーはクアッドコアのクアルコム製「Snapdragon 410 MSM8916」(1.2GHz)。メモリーは1GB、内蔵ストレージは8GB。追加ストレージとしてmicroSDXCカード(最大64GB)。無線通信はIEEE802.11 b/g/nの無線LAN、Bluetooth 4.0をサポート。

取り外し可能な2300mAhのバッテリーを搭載し、約3時間の充電で約460時間の連続待受、約9時間の連続通話が可能。16GBのmicroSDカードとmicroUSBケーブルが付属するほか、液晶保護シートがあらかじめ貼られた状態で出荷される。カラーは一般向けがパールホワイト、法人向けがブラック。