ラブラブだったはずの若妻が突然、「夜の生活」を拒否して夫は戸惑うばかり

『ダイヤモンドQ』編集部の「カラダの悩み」特集のスタッフがある日、友人から『夜の生活』の悩みを打ち明けられた。溺愛していた妻が突然、夜の生活を拒み始めたという。その理由を聞けば、妻が夫の言えない病名にあった。

「妻が、もう『夜の生活』は許してほしいって言うんだ。どうしよう」

 記者(♀)はある日、友人の坂上さん(仮名。65才)から悩みを打ち明けられた。坂上さんはプロダクション社長。バツイチで、10年ほど前に20才年下の妻、晶子さん(仮名。45才)と再婚した。彼はこの妻がいとおしくて仕方ない。一男一女をもうけた現在も、人前で恥ずかしげもなくハグ&チューしてしまうほどだ。

 聞けば、彼は若い妻を満足させるため、食事や健康にも気を使い、懸命に「夜の生活」に励んできたのだという。それなのに…。

「理由を尋ねても話してくれない。俺、嫌われちゃったのかな」

 記者は、晶子さんとも親しい。白髪頭をうなだれ、消え入りそうな声でつぶやく彼に代わって、本音を聞いてあげることにした。「彼を嫌いになったわけではないの。でもセックスはもう嫌」と晶子さん。

 聞けば、彼女は半年ほど前から、「夜の生活」が苦痛になっていた。濡れ方が少ない。快感がないだけではなく、挿入されるたび「すりこ木で傷口をぐりぐりされるような」痛みが伴う。早く果ててくれることを祈りながらひたすら耐えた。どうしてこんなことになってしまったのか。

 原因は更年期に伴う体の変化だ。ちょうど1年前、父親をがんでみとった直後から、晶子さんは生理の間隔が開くようになり、疲労感が強いなど体調が思わしくないこともあり、産婦人科で治療を受けてきた。毎月1回、薬で人為的に生理を起こす。「もう自然に生理が来ることはないのかな」と、一抹の寂しさを感じていたある日、出血が起きた。生理ではない。膣の中はひりひりと痛み、黄色いおりものまで出ている。意を決し、産婦人科医を受診すると、40代の男性医師はさらりと言った。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)