「お尻を叩いてくれる女性」と付き合ったほうがいい7つの理由

写真拡大

自分の性格の「いい加減」なところ、そろそろ直したいと思いませんか?

Elite Daily」のライター、Paul Hudson氏が注目したのは、まさにそこ。あなたのことを叱って、お尻を叩いてくれるような女性と付き合うことで、本来の素直な自分を取り戻せるかも!?彼女たちが心の支えになる理由、それは…。

01.
「いちいちクヨクヨしない!」
彼女のゲキで立ち直る

人生、うまくいくことばかりではありません。不快感や悲しみ、イライラで心がすり減ることもある。そして弱っているときほど、他人の同情や、慰めや、優しさが温かい…だけどそれは、一時的なものです。

じつは優しくされるよりも、ちゃんと自分と向き合わせてくれて、再び立ち上がる力を与えてくれる存在が必要です。それをサポートしてくれるのは、喝を入れてくれる彼女をおいて他にないのです。

02.
怠けグセを一掃して
やる気にさせてくれる

子どもの頃は、誰もが自分の将来の夢を無邪気に語ることができました。しかし多くの男性が歳とともに現実を知り、自分の身の丈を知り、抱いていた夢に修正が必要になってしまうもの。安定や成功を得られないとなると、つい「怠け心」があなたの夢に覆いかぶさってくることもあります。

夢を諦めない男性だって、モチベーションを高く維持し続けることは、容易ではありません。ダレてくるとつい、目標設定を下げてしまいがち。だから背中を押してくれる女性が必要なんです。いつでも僕たちをその気にさせ、応援してくれる女性。彼女のキツい言葉がエールに聞こえないようでは、まだまだの証拠。

03.
失敗から逃げない!
認める勇気をくれる

人生に失敗はつきもの。頑張っている人ほどたくさん失敗するし、そこから経験を積んでいくのです。とはいえ、やっぱり失敗はしたくないのが人間の本音。チャレンジ精神を捨てて、つい手を抜くことを覚えてしまう。

失敗とうまく向き合って「成功」へとつなげる唯一の方法は、失敗したことを認め、反省することです。でもそれを認めるには勇気が必要です。だから黙って無かったことにする。でもそれではいつまで経っても、偽りから抜け出せません。

こんなとき失敗を認めさせてくれるのは、心から叱ってくれる女性だけ。日頃から2人の信頼関係があれば、自尊心がジャマすることなんてありません。

04.
諦めたら「負け」
あなたを本気にさせる

たとえどんなにつらい仕事でも、やり遂げる必要があります。あなたの将来のためにも、男としてのプライドのためにも、毎日の生活のためにも、やり通すべき。

…ということは百も承知だけど、ラクをしたくなるのが人間。でも、本当にそれでいいの?自分自身が本気になれなくて誰がなる。最良のパートナーとは、そこで叱咤激励してくれる人。もう一度あなたを本気にさせてくれる女性です。

05.
体調管理をしてくれる

夜ふかし、喫煙、不健康な食生活。体に悪いとわかっていても、自分の意思でやめるのは難しい…。そんなとき、心から愛し、自分のことを思ってくれるパートナーからの説得ほど、効果的なものはありません。あなたの人生を第三者的な立場から指摘してくれる人が必要なはず。

06.
「恵まれている」ことに
気づかせてくれる

「いつでも誰かがいてくれる」という感覚に慣れてしまうと、その人がどれだけ大切かということを忘れてしまいがち。自分がどれだけ恵まれているかって、恵まれているうちは気づかないもの。

人生にとって彼女がどれだけ大切な存在かと、ときどき気づかせてくれるパートナーが側にいてくれたなら、あなたも気を抜いている場合じゃないってことがわかるはず。

07.
「本気」の人生を
一緒に歩む

誰かを本気で愛しているって認めたくないときもあります。相手が同じ気持ちじゃないときに傷つくのがイヤだし、かっこ悪いと思うから。それでもやっぱり人は、愛することを止められない生き物。重力に引き寄せられるみたいに、人はまた恋に落ちていくのです。

だけど、自分が恋に怠けていたら、彼女の気持ちを留めておくことはできません。いい加減な関係ではなく、いつでも全力。そんな彼女の本気があなたにも伝わってくるはず。

Licensed material used with permission by Elite Daily