Doctors Me(ドクターズミー)- 出産後の「後陣痛」をどう乗り越える? その原因と改善法!

写真拡大

「後陣痛」とは、 産後に子宮が収縮することで、陣痛のようにお腹が痛むことをいいます。その詳しい原因と改善法について、医師に解説してもらいました。

後陣痛を引き起こす2つの原因

後陣痛は、主に以下の原因により引き起こされます。

・物理的原因
分娩後に胎児や胎盤などが娩出されたことにより、子宮内圧が消失されることです。子宮内のものが娩出されると、子宮は自動的に元の大きさになるために急速な収縮を始め、その際に痛みが伴います。

・薬に関連した原因
プロスタグランジン、オキシトシンなどの薬による痛みです。妊娠・分娩時に服用した薬が作用し、子宮収縮を加速させて痛みが増すと考えられています。

具体的な症状は?

後陣痛は、産褥後に見られる望ましい産褥経過です。
子宮が妊娠前の状態に回復するための生理的現象で、ほとんどの人が産後に下腹部に痛みを感じます。初産より経産婦の方が強い症状がでる傾向にあり、授乳によって痛みが増すといわれています(授乳による刺激で子宮が収縮することによります)。
  
痛みの強さや長さは個人によりさまざまですが、通常は分娩後3〜4日で痛みが治まりますが、長い人では1週間続くこともあります。

改善法ってあるの?

あまりにも後陣痛が辛い時は、少しの間、授乳を控えましょう。
痛みの波は1〜2分で落ち着きます。痛みが落ち着いてから授乳しても十分間に合うので、後陣痛の合間に授乳するようにしましょう。

後陣痛のピークは出産当日から翌日にかけて。そのあとはどんどん治まっていきます。数日で痛みも気にならなくなると思いますから、無理せず後陣痛を乗り切りましょう。

医師からのアドバイス

後陣痛になってしまった場合は、無理をせず、安静に過ごすことが大切です。痛みがひどい場合は、医師に相談して鎮静剤を処方してもらいましょう。痛みが続く場合は、他の病気による下腹部痛のこともあるので、早めに医師の診断を受けましょう。