500万円超も!!主婦のへそくり、カウントダウン

写真拡大

結婚したらお財布はひとつという人、自分だけの貯金を持っている人など、お金の管理は人それぞれですが、やっぱり主婦なら気になるのが「へそくり」。隣のお財布事情はどうなっているのでしょうか。主婦100人に聞いた、ダンナ様の知らない奥様だけの秘密の世界とは…。

元の記事を見る

­婚したらお財布はひとつという人、自分だけの貯金を持っている人など、お金の管理は人それぞれですが、やっぱり主婦なら気になるのが「へそくり」。隣のお財布事情はどうなっているのでしょうか。主婦100人に聞いた、ダンナ様の知らない奥様だけの秘密の世界とは…。

­

質問1:ずばり、へそくりはある?


YES 57%

NO­­ 43%

­

6割の方がへそくり「アリ」と回答。世の中の主婦の半分以上は、人知れずお金を貯めているのです。いざというときには、ダンナよりお金!­いえいえ、賢い主婦の知恵というものですかね。

­

質問2:へそくりはいくらある?


1位 10万円未満 31%

2位 100万円以上 21%

3位 10万円以上30万円未満 18%

­

1位と2位の金額の差にちょっとびっくりしてしまいますが、貯めている人は貯めている、それがへそくりの実態のよう。100万円以上の人が2割もいるのも驚きです。みなさんダンナ様の知らないところで、しっかり予備のお金を握っているようです。中には500万円以上貯めているというツワモノも。それはもう、へそくりとは言わないのでは!­

­

質問3:へそくりの隠し場所は?


1位 引き出しの中 44%

2位 タンスの中  25%

3位 実家     7%

­

みなさん、「独身時代の口座」などではなく、現金で保持しているよう。やはり定番は「引き出しの中」。“タンス預金”の言葉通り、昔ながらの「タンスの中」も健在です。「実家」という人は、親公認のへそくりということでしょうか。それにしても、2割の人の100万以上というへそくり、どうやって引き出しの中に隠しているんでしょうか?

­

質問4:へそくりの使い道は?


1位 自分の欲しいものを買うために 32%

2位 緊急時のために        26%

3位 離婚したときのために     17%

­

やっぱり、たまには自分のためにお金をつかいたいですよね。賢く貯めてつかっているのなら、ある意味では良妻賢母といえます。2位「緊急時のため」という言葉にも、しっかり者の奥さんたちの実像が浮かんできますね。中には「年金をもらえなかったときのために」と答えた堅実派のママさんもいました。3位の「離婚したときのため」は…100万円以上貯めている人の何割かが該当するのでしょうか。やはり最後に頼りになるのはお金、ということでしょうか…。

­

それにしてもダンナ様が知らない奥様の財布事情、かなり大胆な結果になりました。奥様が人知れずお金を貯め始めたら、それは夫婦の危険サインかも!­ へそくりの使い道によって、はからずも家庭の事情が赤裸々に浮き彫りになる結果となりました。

­

写真© siro46 - Fotolia.com

※出典:雑誌『Como』(主婦の友社)/「みんなの平均が知りたい!教えて!アベレージ」より