タレントのローラやモデルのミランダ・カーが愛用しているスーパーフードといえば、ココナッツオイル!料理やパンに塗るオイルやバターをココナッツオイルに変えるだけで、ダイエット・美容効果を実感できるとか。各テレビ番組や雑誌でも頻繁に取り上げられています。そこで今回は、女性から熱い支持を集めているココナッツオイルの効果・効能についてご紹介いたします。

ココナッツオイルってどんなオイル?

ココナッツオイルはココナッツオイルとヴァージンココナッツオイルの2種類があります。スーパーフードとして注目されているのでは、ヴァージンココナッツオイル。通常のココナッツオイルには、有効成分が抜かれていたり、添加物が入っている場合もあるので、あまり健康効果を実感できません。ココナッツオイルの9割が飽和脂肪酸でつくられていますが、飽和脂肪酸にも種類があり、健康によくないといわれている飽和脂肪酸を「長鎖脂肪酸」と呼び、これは主に、ラードや動物の脂のことをさしています。一方、ヴァージンココナッツオイルは長鎖脂肪酸ではなく「中鎖脂肪酸」に分類されるのです。長鎖脂肪酸と中鎖脂肪酸では、消化経路が異なり、長鎖脂肪酸は脂肪組織や肝臓に、中鎖脂肪酸は直接肝臓に運ばれてエネルギーへと変わっていきます。つまり、ヴァージンココナッツオイル(中鎖脂肪酸)は、長鎖脂肪酸よりも体脂肪になりにくいということ。女性から支持される理由も何となく分かりますよね。そんな理由からダイエット食品として注目を集める「ココナッツオイル」ですが、具体的にはどういった効果が得られるのでしょうか。

ココナッツオイルの効果・効能

(1) お通じがよくなる

ココナッツオイルが腸に浸透し、スムーズな排便をサポート。便秘でお困りの方にも試していただきたいスーパーフードです。

(2) 認知症予防

ココナッツオイルには脳の栄養素となる「ケトン体」が含まれています。そのため、最近ではココナッツオイルが認知症予防に繋がるともいわれているのです。

(3) シミ・しわの予防

ココナッツオイルにはビタミンEが多く含まれているので、シミ・しわといったアンチエイジング効果を発揮するとされています。

もちろん体にいいからといって過剰に摂取してはいけません。パンに塗るのもよし、カレーに入れるのもアリ! ぜひ、毎日の食事にココナッツオイルをプラスしてみてくださいね。


writer:山口 恵理香