【漫画】“現代では描けない”調理シーンも! 変わりダネ「グルメ漫画」4選

写真拡大

中年男が1人でメシを食べ歩く『孤独のグルメ』、フレンチ料理人が戦国時代にタイムスリップする『信長のシェフ』、登場人物が延々と食べ物トークを繰り広げる『めしばな刑事タチバナ』――いまだ進化を続け、実写化などメディアミックスも盛んな“グルメ漫画”。今回はそんなグルメ漫画の中から、有名無名を問わずとびっきり個性的な4タイトルを集めてみた。

『ハイスコアガール』だけじゃない! “休載・中断・回収”になった漫画あれこれ

現代では描けない! 驚きの調理シーン
『包丁人味平』(原作:牛次郎 作画:ビッグ錠)

グルメ漫画の元祖と言われる伝説的なタイトル。週刊少年ジャンプでの連載時期は1973〜1977年。なんと40年も昔の作品になる。

偉大な板前である父のもとで育った主人公・塩見 味平は、若くして家を飛び出し料理人の道を歩みはじめる。そんな味平が修業の過程で、数多くのライバルたちと料理勝負で火花を散らすストーリーだ。

この作品には大きな特徴が2つあり、1つめは現代でも通用するグルメ漫画の基本フォーマットのほとんどを作り上げたこと。後から料理を出したほうが勝つ、安い食材で高級食材より美味しい料理を作る、主人公が日常のなにげないシーンから料理のヒントを閃く……こうした“お約束”を広めたのは間違いなく『美味しんぼ』の功績だが、先に描いていたのは『包丁人味平』のほうなのだ。

2つめの特徴は、21世紀の現代ではとても描写できないシーンが見られること。たとえば制限時間内にどれだけ多くの揚げ物を作れるかという勝負では、完成した料理を審査員は食べもせず、地面に放り投げてカウントしている。また、絶妙な塩かげんが求められる吸い物勝負では、なんと調理中に偶然混入した汗がほどよい隠し味となって勝敗を決めた。現代人の感覚で見れば吸い物の味など以前に「保健所に電話しろ!」となるだろう。今では信じられない(掲載できない)ような描写ができていた、1970年代のおおらかな空気を感じ取ることができる。

さすがに一部描写や絵柄こそ古いが古典の傑作といえる完成度なので、興味がある人は比較的入手しやすい文庫版、または電子コミック版でご覧いただきたい。

史上最強のリアクション漫画
『焼きたて!!ジャぱん』(作:橋口たかし)

意外とありそうでなかった、パンを主題にしたグルメ漫画。連載期間は2002〜2007年で同時期にテレビアニメ化もされた。当時、山崎製パンとコラボしたパンを店頭で見かけた人も多いだろう。

主人公は幼いころからパンに魅せられた少年・東和馬。彼は世界に誇れる日本人のパン“ジャぱん”を完成させるためパン職人を志し、多くの仲間やライバルと出会っていく。本作の特徴はパンの素材や製法についての深い知識、キャッチーな絵柄(特に美少女キャラ)もさることながら、何より常識をはるかに超えた“審査員たちのド派手なリアクション”が語りぐさになっている。

あまりにパンが美味すぎて仮死状態になる、海苔を入れたパンを食べてノリスケ(『サザエさん』の登場人物)の顔になる……くらいはまだ序の口。パンを食べることでタイムスリップして過去に死んでしまった人間を救う(歴史の改変)、パンを食べたリアクションで世界中の大陸を浮遊させる(大災害から人類を守る)など、物語が後半に進むほど“美味しいパンを作る”ではなく“狙い通りのリアクションを取らせる”ことが中心になっていった。

この路線転換にはファンからは「まじめに料理勝負をしろ!」という批判意見と、「もっとリアクション方面に突き抜けてくれ」という肯定意見の両方があった模様だ。いずれにしても伝説になるほど絶大なインパクトを残したことは間違いない。グルメ漫画としての『焼きたて!!ジャぱん』を知りたい人は、比較的リアクションが控えめだった単行本7巻あたりまでを読んでみるといいだろう。

“美味しさ描写”をブン投げた超ワイルド・グルメ
『山賊ダイアリー リアル猟師奮闘記』(作:岡本健太郎)

本物の猟師が描いたとして注目を浴びた、ドキュメンタリー仕立ての異色グルメ漫画。主人公の岡本(作者)が東京から生まれ育った岡山に移り、新米ハンターとして奮戦する様子が描かれている。

近年しばしば耳にする“ジビエ料理”をテーマにしているわけだが、表紙カバーに「カラス食べたことありますか?」と書かれている時点で読者は嫌な予感から逃れられない。そして1ページ目を開き、山を歩く主人公が野ウサギの糞を食べているシーンで予感が確信に変わる。そう、この作品はグルメ漫画の作者が頭を悩ませる“美味しさ”の描写を二の次にして、“リアルな猟師生活”を伝えることに特化しているのだ。

リアリティにこだわるだけあって、描写の細かさは他の追随を許さない。ジビエ料理を食べる前にまず獲物の解体、その前に罠や空気銃での狩猟、その前に銃の購入、その前に銃所持の許可証取得、その前に狩猟免許の取得……といった具合だ。

実際の狩猟シーンにしても、ただ物陰に隠れて獲物を撃つだけではない。時にはハンター仲間と共同戦線を張ったり、不注意で遭難しかけたり、罠にかかったイノシシに心を痛めながらトドメを刺したり、遭遇したマムシを捕獲して食べたり、「そこは本当に現代の日本なの?」と言いたくなるほど全エピソードが野性味に満ちている。

ほ乳類の解体シーンまで細かく描かれているため女性読者には少し辛いかもしれないが、男性ならそんな猟師生活に憧れてしまう人も多いはず。読んだ後は血のしたたるステーキを食べたくなる、ワイルド&エキサイティングな漫画だ。

古くて新しいテーマで人気急上昇中!
『だがしかし』(作:コトヤマ)

『包丁人味平』から40余年を数えるグルメ漫画ジャンル。あらゆるテーマが出尽くしたかに思われたが、駄菓子を扱ったコメディ漫画『だがしかし』が登場して人気を集めている。とりわけネットユーザーからの評価が高く、デビュー半年の新人作家がすでに25万部以上を売り上げるという異例のヒット中だ。

田舎で駄菓子屋の息子として育った少年・鹿田ココノツが主人公。駄菓子なんてダサいと家業を継ぐことに否定的なココノツだが、いきなり現れた大手お菓子メーカーの令嬢・ほたると交流を深めるうちに駄菓子の楽しさを再確認していく。

なんと言っても特徴的なのは、実在する駄菓子が毎回エピソードに登場すること。駄菓子の王様「うまい棒」に始まり、「フエラムネ」「ブタメン」「ヤングドーナツ」などなど……幼い頃の思い出を呼び起こすだけでなく、駄菓子にまつわるトリビアも豊富で勉強になる。たとえば筆者の記憶では「こざくら餅」は1パッケージ18個入りだったはずだが、実は時代ごとに18個→15個→12個と減り続け、今では10個になっていることなど本作を読まなければ永遠に知らなかっただろう。

なつかしの駄菓子が呼び覚ますノスタルジー、個性的キャラクターがおりなすハイテンションギャグ、純情少年とエキセントリック美少女との交流、そして駄菓子トリビアと、この作品にはあふれるほどのワクワク感が詰まっている。連載は少年誌だが、大人になってからのほうが楽しめるという意味でも異色なグルメコメディ漫画である。