写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京・丸の内で恐竜「トゥリアサウルス」の復元骨格が日本初公開された。これは、7月18日〜8月30日に幕張メッセで開催される「メガ恐竜展2015 - 巨大化の謎に迫る」の開幕に先駆けて、プレス向けに1日限定で公開されたもの。

トゥリアサウルスは身長約9m、体長は約30mあったと推測されているヨーロッパ最大の竜脚類の恐竜で、今回はその半身が先行公開された。

同展ではトゥリアサウルスのほか、ディプロドクスやエウへロプスといった竜脚類の全身骨格や、恐竜の実物化石や生体復元モデル、恐竜ロボットなどが展示される。総合監修のボン大学のマーティン・サンダー 教授によれば「時代ごとにどういうふうに動物が巨大化・小型化していくのかを追っていく内容となっている」という。

「メガ恐竜展2015 - 巨大化の謎に迫る」の開催概要は以下の通り。

・会期: 2015年7月18日〜8月30日
・会場: 幕張メッセ 国際展示場 11ホール
・開場時間: 9:30〜17:00 (入場は閉場の30分前まで)
・料金: 大人(高校生以上) 2000円 (前売り: 1600円)、子供(4歳〜中学生) 1000円 (前売り: 800円) ※3歳以下は無料。障がい者手帳を持っている人とその介護者1名は無料。