Doctors Me(ドクターズミー)- 【頭痛持ち必見!】一発で効く、薬の賢い選び方

写真拡大

知っておきたい頭痛薬選びのイロハ

頭痛薬を選ぶ上で注意してほしいことは、まずは自分の頭痛の種類を見極めることです。あなたの頭痛が、頭蓋骨の中の血管が広がるせいで起こる片頭痛や、目の後ろの血管が広がるせいで起こる群発頭痛であった場合、市販の頭痛薬ではどうすることもできません。光や音に異常に敏感になったり吐き気が出たり、目がえぐられるような激しい頭痛がある場合は早めに専門家を受診して下さい。

緊張型頭痛は、適正な薬で緩和可能

ですが、同じ姿勢が続くことなどによる血行不良から起こる緊張型頭痛も場合であれば、きちんと体質に合う薬を選べば辛い症状を軽減することができます。市販の頭痛薬は何種類かしかないので簡単に説明していきます。

有効な薬は、5つ

1:イブプロフェン、ロキソプロフェン
医療用と同じ成分です。鎮痛効果も強いですが胃への負担もあります。何か持病があって病院で薬をもらっている場合、名前は違っても似た薬や、相性が悪い薬を飲んでいる場合もあるので必ず主治医に相談してから飲んでください。

2:アセトアミノフェン
小さい子どもから服用でき胃への負担も少なめです。ただ、風邪薬にも含まれている場合があり1日にとってよい量は決まっているので注意が必要です。
大量に取りすぎると毒にもなります。

3:アスピリン
100年以上の歴史のある薬です。痛み止め効果は並。胃に優しいと思われがちですが、負担はあります。

4:エテンザミド
アスピリンの効果はそのままに胃への負担を減らしたもの。

5:イソプロピルアンチピリン
ピリン系。アレルギーをもつ人が中にいるので注意が必要です。アレルギーさえなければ効果は高いのでおすすめです。中には、メインの成分に追加として痛み止めの効果を高めるために少し眠たくさせる成分や、逆に眠気を抑えるカフェインや、胃への負担を抑える成分が一緒に入っているものもあります。

市販薬は見極めて使うことが大切

市販薬はたくさんの会社が販売しており本当に沢山の種類があります。
しかし、ただなんとなく選ぶのではなくある程度自分に合うものを見つけ、必要な場合を見極めて使うことが大切です。また痛いからといってやたらと飲んでしまうと、痛み止を繰り返し飲み続けたことが原因で頭痛になったりもします。
頭痛の原因に合わせて、その時々に一番適した対処をしていってください。