松山、フェデックスポイントランキングは9位に(撮影:上山敬太)

写真拡大

 米国男子ツアー「ザ・メモリアル・トーナメント」終了時点のFedExCUPポイントランキングが発表された。
連覇を狙った松山の最終日フォトギャラリー
 同大会でツアー初優勝を挙げたデビッド・リングマース(スウェーデン)が前週の100位から28位にジャンプアップした。同大会で最終日に猛チャージをかけ3位タイに入ったジョーダン・スピース(米国)が首位をがっちりキープ。2位はジミー・ウォーカー(米国)、3位ローリー・マキロイ(北アイルランド)となっている。
 同大会5位タイの松山英樹は12位から9位に浮上。トップ10に返り咲いた。石川遼は3ランクダウンの116位に後退した。

<FedExCUPポイントランキング>
1位:ジョーダン・スピース(2,528point)
2位:ジミー・ウォーカー(1,904point)
3位:ローリー・マキロイ(1,428point)
4位:チャーリー・ホフマン(1,390point)
5位:パトリック・リード(1,349point)
6位:J・B・ホームズ(1,320point)
7位:ダスティン・ジョンソン(1,319point)
8位:ブラント・スネデカー(1,250point)
9位:松山英樹(1,206point)
10位:バッバ・ワトソン(1,188point)
28位:デビッド・リングマース(870point)
116位:石川遼(319point)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【舩越園子コラム】喧噪のなかで…連覇逃した松山英樹の“変化”
松山、16番で痛恨の池ポチャ…連覇逃し「残念」
リングマースがプレーオフを制しツアー初V!松山は5位タイ
ザ・メモリアル・トーナメントのリーダーボード
ゴルフ美人が通算100名以上!「美ゴ女」