アーケードゲームを自宅で堪能できる贅沢

写真拡大

バンダイナムコエンターテインメント(東京都品川区)は、アーケード用ゲーム機「スター・ウォーズ バトルポッド/スタンダード・エディション」を個人向けに販売する。2015年6月18日に直販サイト「プレミアムバンダイ」で受注を始め、7月ごろ順次発送される。価格は456万円(消費税、送料・設置費用・保守費用込)。

本革シートなど豪華仕様「プレミアム・エディション」も完全受注生産で

15年1月に欧米、4月24日から日本国内で順次稼働を開始した、全身が映像に包まれるドームスクリーン型シューティング。映画に登場する機体のパイロットとなり、「スター・ウォーズ」の世界に入り込んだような臨場感や浮遊感を体験できる。エピソード4〜6の激戦を再現した5つのステージを収録し、爆発や破壊の衝撃を感じる体感ギミックも多数搭載。今後、ステージ追加のアップデートも予定しているという。

同時に、「反乱軍」「ダース・ベイダー」モチーフの2バージョンで、本革張りの電動可動シート、オーナーネーム入り刻印プレートやクレジットロールなどを搭載する豪華仕様「プレミアム・エディション」の発売も決定。完全受注生産で7月以降に発売。価格は1200万円(同)。具体的な販売方法などは今後公式サイトを通じて発表される。