©2015 Disney Enterprises, Inc

写真拡大

映画『トゥモローランド』は“革新的なテクノロジーによって全てのアイデアが可能になる世界”が描かれています。

【画像】映画『トゥモローランド』で描かれるのは、“革新的なテクノロジーによって全てのアイデアが可能になる世界” !!

そんな夢の世界トゥモローランドには、スペースマウンテンのような形をした建物があるなど、ディズニーランドとリンクした部分がいくつもあります。

ディズニーランドのアトラクションから、トゥモローランドへ行く鍵を見てみましょう。

カリフォルニアのディズニーランドはもちろん、東京ディズニーランドでも体験することができます。

■トゥモローランド
2015年6月6日ロードショー(公開中)

トゥモローランドへの入口は“世界一幸せな船旅”

予告編で流れているのは、誰もがよく知るあの曲「イッツ・ア・スモールワールド」。

アトラクション内のエッフェル塔が少年のピンを検知したとき、トゥモローランドへの扉が開かれます。

イッツ・ア・スモールワールドがはじめて登場したのはディズニーランドではありません。

1964年に開かれたニューヨーク万国博覧会のアトラクションとして登場しました。

ディズニーランドが軌道に乗ってきた当時、ディズニーは複数の企業からニューヨーク万国博覧会でのパビリオン製作依頼を受けていました。

その中でユニセフからの依頼で作ったのがイッツ・ア・スモールワールドです。

世界各地の子供たちがそれぞれの国の言葉で「小さな世界」を歌う、“世界一幸せな船旅”は50年たった今でもそのテーマを変えることなく愛されています。

未来への実験だったニューヨーク万博

ディズニーはイッツ・ア・スモールワールド以外にもパビリオン製作を手掛けました。

これらの製作を通して新技術の実験を行ったことはもちろん、アメリカ西海岸を中心に集客していたディズニーランドが、ニューヨークのある東海岸でも受け入れられるのかという検証でもありました。

この成功がフロリダへのウォルト・ディズニー・ワールド建設に繋がっていきます。

ディズニーが携わったパビリオンは、「リンカーン大統領との偉大なひととき」、「プログレス・ランド」(進歩の国)、「マジック・スカイウェイ」と「イッツ・ア・スモールワールド」の4つでした。

ニューヨーク万博のために製作した施設の一部は、会期終了後にディズニーランドに移設されました。

「リンカーン大統領との偉大なひととき」と「イッツ・ア・スモールワールド」は今でもカリフォルニアのディズニーランドにその姿を残しています。

リンカーンを動かしたオーディオアニマトロニクス

これら万博に提供したパビリオンで用いられたのが、当時最新のオーディオアニマトロニクスでした。

人間の口の動きに合わせて音声が流れ、表情も変化するという、当時考えられなかった最新技術。

特に「リンカーン大統領との偉大なひととき」では、目の前にリンカーン大統領が立って演説しているかのような光景に多くの人が詰めかけました。

「魅惑のチキルーム」で生まれたディズニーの代表的な発明であるオーディオアニマトロニクス。この技術の進化が人々に更なる未来を見せた瞬間でした。

■参考記事
ウォルト・ディズニーの遺産「オーディオアニマトロニクス」が使われているアトラクション4つ

ウエスタンリバー鉄道にも受け継がれている

「マジック・スカイウェイ」はフォードの車に乗って人類の歴史をたどるアトラクションでした。

これは後に古代のパートだけが移設され、ディズニーランド鉄道の1シーンに組み込まれました。

これは東京ディズニーランドの「ウエスタンリバー鉄道」にも受け継がれ、最後の恐竜シーンとして今でも残っています。

There's a Great Big Beautiful Tomorrow

「プログレス・ランド」は「カルーセル・オブ・プログレス」としてディズニーランドのトゥモローランドに移設されました。

このテーマソングが、シャーマン兄弟作曲の「There's a Great Big Beautiful Tomorrow」です。

ウォルトのことを歌ったとも言われるこの曲。常に明るい未来を見ていた彼の精神が歌詞に現れています。

ぜひ一度この曲を聴いてみてください。

このメロディは東京ディズニーランドのトゥモローランド エリアミュージックにも使われています。

ウォルトの未来への希望は東京ディズニーランドでも味わえます。

映画『トゥモローランド』が見せる新しい世界。そこには何十年たっても色あせないディズニーランドの魅力と繋がるものがあります。

■トゥモローランド
2015年6月6日ロードショー(公開中)