高齢者たちの「グラフィティアート」がポルトガルに登場!彼らは一体何者なんだ?

写真拡大

グラフィティは70年代に生まれ、80年代頃からアートとして認識されはじめた比較的“若い”アートだ。型紙とスプレーなどを使って、壁にタグと呼ばれるイラストやメッセージを残す。
比較的若い世代に馴染み深いアートだが、この写真ではどうだろう?

85singo_lata-2

85singo_Lata_07

85singo_Lata_04

高齢者がグラフィティ!?

ちょっと見慣れない光景は、若者の文化と高齢者を繋ぐ文化共有プロジェクトとしてポルトガルで行われている「LATA 65」の活動。参加者は、ストリートカルチャーの歴史を学び、実践する。つまり、若者の文化を高齢者が学んでいるかたちだ。

85singo_lata-4

85singo_Lata_11

85singo_graffitigang6

85singo_10509680_435474229927812_3766507461495795481_n

85singo_graffitigang9-930x619

85singo_Lata_03

85singo_552237_168570536618184_1440638312_n

85singo_graffitigang21

彼らの目的は、ストリートアートの参加者と見物人との間に生まれている距離をなくすことにあるそうだ。実際に名の知られているストリートアーティストから学びながら、町にカラフルなタグをつけていく。
しかも、これらのタグの数々、お世辞抜きにカッコイイ!

85singo_Lata_08

85singo_lata-3

85singo_graffitigang18-930x620

85singo_graffitigang17-930x620

85singo_lata

85singo_elderly-paint-graffiti-lisbon-lata-65-19

85singo_lata65_lara-seixo-rodrigues_wool_street-art-workshops-for-elderly_collabcubed

85singo_a6d0cc8715cb105ba58d47cad0ef01e7_lata2

ちなみに「LATA」はポルトガル語で「できる」という意味だとか。

Licensed material used with permission by  LATA 65