<日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills 最終日◇7日◇宍戸ヒルズカントリークラブ(7,326ヤード・パー71)>
 日本ツアーからの『全英オープン』への出場選手は、『日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ』終了時までの賞金ランキング上位2名(有資格者除く)で最終決定され、最後の切符を手にしたのは優勝を果たし3,000万円を積み上げたリャン・ウェンチョン(中国)と、今大会予選落ちながら前週までの賞金ランク1位に立っていたアダム・ブランド(オーストラリア)の2選手。
国内男子ツアーはフォトギャラリーでチェック!
 優勝以外に、自力での出場権獲得の可能性があったのは、賞金ランク9位までの選手で有資格者を除けば、I・J・ジャン(韓国)、山下和宏、片岡大育、藤本佳則、李尚熹(韓国)。決勝ラウンドに進めたのはジャン、山下だが、出場権を目の前にしていたのはジャンだった。
 ブランドと約350万円差だったジャンは最終順位10位以内でも出場濃厚。最終日の17番までは3アンダーで当確ランプが止まっていたが、ここでまさかの“+4”。全英出場権がこぼれ落ちていった。
 既に、2014年の「日本オープン」優勝者の権利で池田勇太、2014年度の賞金ランキング1、2位の権利では小田孔明と藤田寛之、そして『ミズノオープン』での順位により、手嶋多一、スコット・ストレンジ(豪州)、高山忠洋、富村真治が出場を決めていたが、2選手を加え、日本ツアーからの出場8選手が決定。うち日本人選手の出場はまたツアーメンバーではないものの世界ランキング50位以内の権利で出場できる松山英樹を含めて、7選手となっている。
 最後の切符を手に入れた、リャンとブランドのコメントは以下。
リャン・ウェンチョン(中国)コメント
「先週のミズノオープンでうまくいかず、正直全英にいけると思ってなかったのでうれしいです。今回で3回目の出場。今年はオールドコースということもあり、非常に楽しみです」
アダム・ブランド(豪州)コメント
「私自身2度目(全英オープン2006出場)の海外メジャー大会出場がすでに待ち遠しい気持ちでいっぱいです。そしてセント・アンドリュースでプレーできることが何よりも嬉しく思います」
 また以下に日本人出場一覧を記載。
【日本人出場選手】
池田勇太 4回目 2014年日本オープン優勝
小田孔明 5回目 2014年度賞金ランキング1位
藤田寛之 5回目 2014年度賞金ランキング2位
手嶋多一 3回目 ミズノオープン優勝
高山忠洋 4回目 ミズノオープン3位タイ
富村真治 初出場 ミズノオープン3位タイ
松山英樹 3回目 世界ランキング50位以内
<ゴルフ情報ALBA.Net>