Doctors Me(ドクターズミー)- 放置しても問題なし?性病は自然治癒する or しない?

写真拡大

STDを放置すると不妊の原因になることも!

性感染症はウイルスや細菌、原虫などによる感染症です。以前、日本では4種類の性病(梅毒、淋病、軟性下疳、鼠径リンパ肉芽腫)が規定されていましたが、1998年に新しくなった感染症法によって、性行為によって感染する病気をすべて「性感染症」、略してSTD(sexually transmitted diseases)というようになりました。

また、今では、HIVやクラミジア、淋病など、感染しても症状のない保有者もいることから「性感染症」を「STI(sexually transmitted infections)」とも呼ぶようになりました。

性感染症は無症状の場合がありますが、自然治癒することはなく、放っておくと、男女とも不妊の原因になってしまいます。

また、性感染症は、医師の指導のもときちんと抗生剤を服薬して治療すれば治る病気ですが、症状が良くなり勝手に治療を止めてしまうと、とても再発しやすい感染症です。 さらに、治療が遅れてると治りにくくなることもあるため、注意が必要です。

日本でもっとも流行している性感染症は?

最も多い性感染症は性器クラミジアで、平成24年には男性11,470人、女性13,060人の感染が報告されました。次いで、男女合わせて淋病が9248人、性器ヘルペスが8637人、尖圭コンジローマが5467人でした。

また、性感染症は10〜20歳代の若い人に流行しています。 性器クラミジアの場合、女性の約7割、男性の約3割、淋菌感染症では、女性の約8割、男性の約4割が10〜20歳代です。
性行動が活発な上、性感染症に対する認識が低いことが理由といえるでしょう。

また性感染症は重複して罹患する事が多く、エイズが隠れていることもあります。 エイズも年々増えている性感染症です。

医師からのアドバイス

性感染症を思わせる症状があった時は、速やかに検査を行いましょう。 しかし、無症状のことも多いため、可能性がある場合には症状の有無にかかわらず、受診検査を受けるようにした方が良いでしょう。

また、性感染症は複数の感染を起こしている場合があり、そのような時には、エイズのように免疫が低下する疾患に罹患しているか、 念のためチェックする必要があります。
感染を繰り返さないためにも、ご自身だけでなく、パートナーと一緒に治療することも大切です。