女子W杯が開幕…開催国カナダは土壇場のPK弾で初戦を勝利で飾る

写真拡大

 FIFA女子ワールドカップ・カナダ2015の開幕戦が6日に行なわれ、カナダ女子代表と中国女子代表が対戦した。

 なでしこジャパンが連覇を狙う同大会がついに開幕。大会初戦は、3月発表のFIFAランキングで8位の開催国カナダと、16位につける中国の一戦となった。

 試合は、地元の声援を後押しにカナダが序盤の主導権を握るも、徐々に中国のペースに。21分、ペナルティエリア手前左でFKを獲得した中国は、リシ・ウァンが直接狙うが、シュートは左ポストに直撃。さらにそのこぼれ球も右ポストに弾き返され、ゴールとはならなかった。

 一方のカナダは26分、ソフィー・シュミットの落としに、ジョゼ・ベランガーがエリア手前右からダイレクトでシュートを放つが、クロスバーに直撃しこれも得点には至らなかった。前半は両チームとも得点を奪えずスコアレスで折り返す。

 後半に入って65分、カナダはデザレイ・スコットがミドルシュートを放つが、枠を捉えられない。84分にはシュミットのパスから、エリア内左のクリスティン・シンクレアがダイレクトでシュートを放つが、GKフェイ・ウァンにキャッチされる。さらに85分には、シュミットがエリア前から右足を振り抜くが、強烈なシュートはわずかに枠の左に外れた。

 すると後半アディショナルタイムに突入した直後、カナダがPKを獲得。これをキャプテンのシンクレアが枠の左隅に決めて、土壇場でゴールを奪った。

 試合はこのままタイムアップ。開催国のカナダが1−0で、地元の大観衆を前に開幕戦を勝利で飾った。

【スコア】
カナダ 1−0 中国

【得点者】
1−0 90+2分 クリスティン・シンクレア(PK)(カナダ)