人気シニア写真集『Over60 Street Snap』(右)と『Advanced Style』

写真拡大

「この歳になると、本人がよければいいと思う」「若く見られるより、魅力的に見られたい」。60歳以上のおしゃれなNY女性たちを追ったドキュメンタリー映画『アドバンスト・スタイル そのファッションが、人生』が先月末公開された。冒頭に紹介したのは、映画に登場する“おしゃれシニア”たちのセリフ。元々はブログから始まり、人気を読んで写真集が刊行(『Advanced Style ニューヨークで見つけた上級者のおしゃれスナップ』大和書房)、このたび映画化もされた。

 いま、映画のみならず、おしゃれを楽しむシニア世代への関心が高まっている。市場拡大の商機であるとともに、加齢を肯定する生き方に共感が広がり、注目を集めているのだ。

 3兆円以上といわれるシニアファッションの市場規模。中でも60代は約1800万人(総務省2014年3月)と、他のどの世代よりも人数が多い。また、60代は、団塊世代を中心に、可処分所得や時間に余裕のある人が多いことも特徴だ。こうした状況を背景に、数年前からシニア世代をターゲットしにしたファッション・ビジネスが活性化している。三越伊勢丹は昨年、60代前後の女性をターゲットにした新ショップ「メゾンドウーマン」を開店。イトキンは新会社「メビウス」で、シニア世代向けの新ブランド「グレイセラ」を立ち上げた。

 おしゃれシニアの増加と呼応するように、歳を重ねることをポジティブにとらえる価値観も広がっている。

 先に紹介した『アドバンスト・スタイル』は“NY発”だが、“日本初”の写真集も好調だ。昨年発売された『Over60 Street Snap いくつになっても憧れの女性』(主婦の友社)は、現在5万5000部と、写真集としては異例の売り上げを見せている。著者は20代のコンビ、MASA&MARIさん。平日はファッションとは関係のない仕事に従事しながら、週末になると銀座や表参道で60歳以上限定のファッションスナップを撮影し、ブログ「L’idéal(リデアル)」で紹介していたところ、評判を呼んだという。「歳をとることに対するイメージをポジティブに変えていきたい」と、ブログに思いを寄せている。

 書店で見つけて購入したという40代女性はこう語る。「表紙の女性がとても素敵で、目に留まりました。皆さん、それぞれのスタイルを楽しんでいるところがいいですね。変に若作りするのではなく、いまの年齢を味わうという姿勢に勇気づけられます。正直、年齢とともに服装はどうでもよくなりつつあったのですが、これを見ると、いくつになってもオシャレを楽しまなくちゃという気持ちにもさせられますね。母も読んでいます」

 美魔女ブームに見られるように、美しさ、そして若さ至上主義ともいえる価値観が根強い一方で、そんな風潮に息苦しさや違和感を覚えている人も少なくない。年齢を受け入れた上で自分なりのファッションを楽しむシニアたちの姿勢や生き方は、下の世代の女性たちにとって、一つの希望にもなっているようだ。

 シニア世代のファッション・ビジネスについて、船井総合研究所の上席コンサルタント・岩崎剛幸氏に聞いた。

「これまでシニア世代というと、病気や介護といった面に目が向けられがちでしたが、現在の60代は健康で元気な人も多い。最近、そうしたアクティブな面にも注目が集まるようになってきています。いまの60代は、若い頃にファッションを楽しんできていますから、ファッションで自己表現する喜びを知っています。歳を重ねたなりに、積極的に楽しもうとする方が多いんですね。

 また、以前、60代以上の方々に『何に時間を使いたいですか』とアンケートを取ったところ、『旅行』『観劇(歌舞伎、コンサート、舞台、映画等)』『スポーツ(テニス、トレッキング、ゴルフ等)』がベスト3でした。つまり外に出て行きたいという方が多い。そうなると、特に女性は、それ相応の服が必要になりますよね。よってファッションも盛り上がるという面もあります」

 シニア世代に向けたブランドなど、供給側も充実してきていると岩崎氏は語る。

「シニア世代になって一番変わるのは“サイズ”です。数年前から、体型変化に細やかに対応したブランドが増えていますね。と同時に、皆さん、デザインには敏感ですから、20〜30代向けブランドと同じような感覚で、かつ年齢相応の品の良さを加えたような、センスの良いデザインが求められます。今後、ますます市場は拡大していくと考えられますね」

 ちなみに映画の題名『アドバンスト』は、「進歩した」「革新的な」「歳を重ねた」という意味を持つ。生きている限り誰しも平等に歳をとる。年齢に抗せず、むしろ積極的に前に進んでいくことこそ、元気な高齢社会の秘訣かもしれない。