Doctors Me(ドクターズミー)- 肌だけじゃない、見落としがちな「髪日焼け」とは!?

写真拡大

髪は女の命!紫外線から守って!

「髪日焼け」って聞いたことがありますか?

お肌にはいつも日焼け止めを塗って、紫外線対策は万全!という方でも髪には特に何もしていない……という方は意外と多いのではないでしょうか。

ふだん帽子をかぶったりスカーフを巻いたりしないかぎり、いつも紫外線にさらされている髪の毛。皮膚と違って赤くなったり、痛みが出たりということがない髪の毛の日焼けはなかなか気づきにくいものですよね。

しかし、放っておくとお肌の日焼け同様、髪に多大なダメージを与えてしまうのです。

日焼けすると枝毛や切れ毛ができやすくなる!?

日焼けをしてしまった髪の毛は、つやがなくなり色も赤茶けてごわごわした手触りになってしまいます。せっかくの絶妙な色のヘアカラーも色が褪せて、安っぽい色に変わってしまったりします。 これは紫外線が髪の内部に入ることで、キューティクルがはがれてしまうことによるものです。 髪を守ってくれるキューティクルがはがれてしまうと、枝毛や切れ毛ができやすくなります。

さらに、頭皮が日焼けすることで顔などのお肌と同じように日焼けで皮がむけたような状態になり、大量のフケが発生したりもします。

髪日焼けの予防法は?

では、この髪日焼け、どのように予防したらよいのでしょうか。

まず、外出の時に出来るだけ髪を日に当てないことが理想的です。日傘をさしたり、つばの広い帽子やバンダナなどで頭を覆うことが出来れば、かなりの髪日焼けを防げます。ただ、仕事の関係や趣味のスポーツなどで、日傘や帽子は難しいという方は、紫外線をカットするための髪の日焼け止めスプレーなどもあるので、利用してみるのもよいでしょう。

また、髪日焼けの予防は肌の紫外線予防と同様、通年行うのがベストです。特に、日差しが徐々に強くなる4月初め頃から秋口にかけては紫外線の強い時期に当たりますので、この期間だけでもぜひ行うようにしましょう。

【医師からのアドバイス】

もし、うっかりして強い日光に当たり、髪が日焼けしてしまった場合、冷たいタオルで冷やし炎症を鎮めましょう。また、痛んでしまった髪の毛を早く再生させるためにも、バランスの取れた食生活を心がけ、髪の毛の補修効果のあるヘアケア製品などを使って髪を労わってあげるとよいですね。