手話でエミネムの「Lose Yourself」を披露する女性に、世界中が鳥肌!

写真拡大

ヒップホップはリリック(歌詞)がすべてだと思っていませんか?リリックがなければ、その魅力は伝わらないのでしょうか? ここで紹介する動画を見たら、あなたの価値観は変わるかもしれません。

Shelby Mitchusson氏は、手話の学校で働いています。彼女は、あるロックのライブで手話通訳をしたことがきっかけで、音楽と手話を結びつけることに大きな可能性を感じました。そして、ここで紹介する動画の投稿に至ったのです。
彼女が手話で“ラップ”するのは、エミネムの「Lose Yourself」。映画『8Mile』の主題歌でもある曲です。



th_スクリーンショット 2015-06-05 17.00.35

You better lose yourself in the music, the moment, you own it, you better never let it go. You only get one shot, do not miss your chance to blow.  Cuz opportunity comes once in a lifetime...この瞬間、音楽に没頭しろ。 手に入れたら絶対に逃すな。人生でチャンスは1度だけ。チャンスは人生で1度しかこないんだから。エミネム「Lose Yourself」の歌詞より

時間のある方は、2回目に音を消した状態で見ると彼女の表現力の豊かさに、さらに気づくはず。圧巻です!

Licensed material used with permission by Jukin Media