ハリル流ハードワークに自信を見せる原口「毎日やってきたこと」

写真拡大

 11日に行われるキリンチャレンジカップ2015のイラク戦、16日に行われるロシア・ワールドカップ、アジア2次予選初戦のシンガポール戦に臨む日本代表は6日、海外組のみで国内合宿6日目を行った。

 練習後、取材に応じたヘルタ・ベルリン所属のFW原口元気が、感想と意気込みを述べている。

 合宿でのトレーニングについて、「きつかったと言えばきつかったですけど、自分たちのためになるし、いい体を作れたからすごいよかったと思います」とポジティブに捉え、「向こうでやってきて、いろいろ手応えをつかめた部分があったので、それを日本代表でも出したいと思ってるし、出せるんじゃないかっていう感覚を持ってます」と、海外で得た経験を活かしたいと意気込んだ。

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は守備面でのハードワークを重視するが、「ボールを取るとか、プレッシャーにいくスピードとか、そういうのはやらなければ出れないですし、それは(ヘルタで)毎日当たり前にやってきたことでしみついてるんで、出せるんじゃないかと思います。プラスアルファで、日本代表では技術的に高いプレーが求められるので、そういうのもまた思い出しながらやっていきたいです」とコメントしている。

 また、Jリーグで優勝目前の古巣、浦和レッズについて「嬉しいですよ、もちろん。ミシャ(ミハイロ・ペトロヴィッチ監督)がご機嫌だと俺も嬉しいし、ミシャの嬉しそうな顔とか思い出すとね。最後しっかり勝ってもらって、そしたら会いに行きます」と語った。