Doctors Me(ドクターズミー)- 生理じゃないのに《生理痛》!これって何!?

写真拡大

生理痛に似た痛み?排卵痛って何!?

つらい生理痛、月に一回やってくるだけでも憂鬱ですよね。では、「生理みたいな痛み」が生理とは関係のない日にも起こるという方はいませんか?

実はこれは割と一般的なことで、原因として考えられるのが、まず排卵痛です。

排卵痛はその名の通り、排卵、つまり成熟した卵子が卵胞が破裂することによって卵巣表面を突き破って出て来る時に痛みです。この排卵そのものによる痛みによる場合もありますし、排卵時期の微妙なホルモンバランスによって痛みが引き起こされる場合もあります。人によってはかなり強い痛みの場合もありますが、長くは続かないので場合によっては鎮痛剤を服用することで乗り切れると思います。

また、これは生理現象に伴う痛みですので特に心配はありません。排卵痛が起こる時期は、生理が順調にきている方であれば、大体次回の生理予定日の2週間前頃に起こることが多いでしょう。

生理痛でも排卵痛でもない場合は注意が必要!

生理痛に似た痛みがあるけれど、生理の時期でも、排卵期でもないという方は少し心配です。 婦人科の病気によって、生理痛と似たような痛みがみられる場合があるからです。

代表的な病気としては、子宮筋腫や子宮内膜症が挙げられます。

子宮筋腫の場合は筋腫そのものによる痛みや、筋腫が大きくなって子宮自体が膨らんだり、周囲の組織が筋腫に引っ張られて引きつれることによる痛みが考えられます。また、子宮筋腫を栄養とするための血管ができて子宮周囲の血管の怒張を招き、このことが痛みの原因となることもあります。

また、子宮内膜症の場合は内膜症ができてしまった部分で少量の出血が起こり、これが炎症を起こしたり、出血や炎症によって起きた刺激が腹膜に達したりすることで、生理痛のような痛みを呈することがあります。