アジアサッカー連盟(AFC)は5日、AFC U−19選手権バーレーン2016予選の組み合わせ抽選会を実施。その結果、日本は、オーストラリア、フィリピン、ラオスと同組のグループJに入った。

 同予選は、9月28日から10月6日にかけて行なわれ、各グループ1位のチームと、各グループ2位の中から成績上位の5チームに本大会への出場権が与えられる。本大会は、2016年10月13日から同月30日にかけて開催される予定。なお、同大会は2017年に韓国行なわれるU−20ワールドカップの予選も兼ねている。

 組み合わせは以下のとおり。

▼グループA
ウズベキスタン/バングラデシュ/パキスタン/スリランカ/ブータン

▼グループB
イエメン/サウジアラビア/トルクメニスタン/シリア

▼グループC
アラブ首長国連邦/パレスチナ/インド/アフガニスタン

▼グループD
カタール/オマーン/レバノン/キルギス

▼グループE
イラン/クウェート/ヨルダン/ネパール

▼グループF
イラク/バーレーン/モルディブ/タジキスタン

▼グループG
ミャンマー/ベトナム/香港/ブルネイ/東ティモール

▼グループH
タイ/韓国/シンガポール/チャイニーズ・タイペイ/北マリアナ諸島

▼グループI
北朝鮮/中国/マレーシア/マカオ

▼グループJ
日本/オーストラリア/フィリピン/ラオス