バーディを量産するもボギーも叩いた小田だが、5位に浮上した(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills 3日目◇6日◇宍戸ヒルズカントリークラブ(7,326ヤード・パー71)>
 「ボギーが多すぎ。こんなにバーディを獲っても…」。追撃態勢で前半からバーディを重ねた小田孔明だが、要所でスコアを落とし、伸ばせたのは2ストロークのみ。首位のリャン・ウェンチョン(中国)に差を広げられ、最終日を9打差で迎えることとなった。
国内男子ツアーをフォトギャラリーでチェック!
 3バーディ・1ボギーでハーフターンし、後半立ち上がりの10番でもバーディを奪った孔明。だがその後はバーディ、ボギーを繰りかえす苦しい展開で、最終18番のパーパットもカップの縁でピタリ。「ショットはいい感じなんだけど…。紙一重なんですよ」とホールアウト後は曇り顔だった。
 “攻めの姿勢”が心情の孔明もここ宍戸ヒルズでは、攻めたい気持ちと守りたい気持ちの葛藤が出てくる。「上が伸ばしているだけに、ラフからのショットが全部沈んでいるライだとしても、フェアウェイに刻むいう考えはない」。だがいかざるを得ない状況でも「攻めたからといって伸びるわけでもないし、”ここでダボを打っちゃたら”って思うとね」と饒舌ながら、アグレッシブにいけない自分への不満、難コースへのストレスを吐き出してた。
 ストレスの原因は、気持ちよくドライバーを持たせてくれないことで、「後半はスプーンで打つことが多くて、たまにドライバーを打っても曲がる」。だが「もうどこに飛んでもいいやって思って打った」終盤の17番のティショットはフェアウェイど真ん中で、唯一「振りちぎった」ショットだった。
 “アグレッシブさが足りない”なんていっていられないストローク差に、最後は開き直った小田は、崩れることを厭わず攻める宣言。明日は自身の37歳の誕生日である6月7日だけに、「“67”か“77”だね」。首位に少しでもプレッシャーをかけ大会を盛り上げるため、最終日は前半からドライバーを振りちぎる。
<ゴルフ情報ALBA.Net>