『ベイビー・ブー』のミニライブの日は大盛況となる歌声喫茶『ともしび』

写真拡大 (全3枚)

 1950〜60年代に一世を風靡した『歌声喫茶』が今、再びブーム。最近は“歌声喫茶世代”のシニアだけでなく、若い世代にも人気はじわじわと広がり、古き良き歌声喫茶で異世代交流が生まれている。

 歌声喫茶とは、ピアノやアコーディオンなどの生伴奏にあわせて、客がリクエストした歌を店内の客が一緒に合唱する喫茶店のこと。当時、店は連日、学生や青年たちで溢れ、一大ブームを巻き起こした。2000年頃に再び人気が復活。数年前からまた盛り上がり、定年を迎えた歌声喫茶世代の団塊世代を中心に、今またブームとなっている。

 歌声喫茶が発祥した新宿で草分けとなる『ともしび』は、今年61年目を迎える。『ともしび』の店長・斉藤隆さんはこう語る。

「1954年〜60年頃、歌声喫茶に学生や青年たちが集まって、国民的ブームのようになった時期がありました。その年代の方たちが定年退職して、時間ができてまた歌声喫茶に戻ってきている現象がいちばん大きな流れになっていると思います。歌うことは健康にもいいですし、ひとりで歌うカラオケと違ってみんなで楽しめる、音楽の良さを共有でき、人との繋がりを感じられるところがあります。

 キャンプファイヤーで肩を組んで歌うような連帯感が人気です。2011年の震災を機に、歌声喫茶の人との繋がりを大切にするスタンスが注目を集めて取り上げられる機会も増えました」(斉藤さん)

『ともしび』では15年ほど前から、全国各地の喫茶店や公民館、ホテルなどあらゆる場所へ呼ばれる“出前歌声”の依頼も増えており、その数は年間200ステージほどにも。これに触発され、「自分たちでも」と歌い合う集いを主催する団体は全国的に拡大している。

 ここ数年、人気は下の若い世代にも広がっている。そのきっかけのひとつが、アカペラ5人グループの『ベイビー・ブー』。彼らが客として出会った『ともしび』と意気投合。『ともしび』でライブを始めてから、彼らのファンの30〜40代の客が店に通うようになった。他には、大学の先生と学生、親子、会社の先輩後輩など、さまざまな形で若い層が少しずつ増えている。歌声喫茶が若者にウケた理由は、曲の良さ、親しみやすさ、歌いやすさにあるのではと斉藤さんはいう。

「共感するところはみな同じですよね。ひとりではなく、みんなで歌う楽しさがいいと言われます。若い人たちにとって古い歌は、新鮮なのだと思います。現代の歌は、結構難しくて気軽に歌えないところがありますが、当時の歌は、曲もいいし親しみもあるし、簡単に覚えられて歌いやすい歌が多いんですよね。ここでは歌のうまい下手は、関係ないですし、異世代の交流も楽しいのではないかと思います」(斉藤さん)

 週末は全70席がほぼ満席。必然的に隣同士で話して仲良くなる機会は多く、20〜70代まで世代を越えた交流を楽しんでいるという。大半はリピーターとなり、いちばん多い人で、週に5日訪れるという人も。それも全国からで、神奈川や千葉、埼玉などから電車に乗って週に何度も通ってくる人もいれば、遠方から飛行機や新幹線に乗ってくる人、海外在住者が帰国時に寄る例もある。

「20代の頃に流行っていて、仕事が忙しくて長年行けず、定年を迎えて時間ができて、女性も子育てが落ち着いて、若い頃を思い出して懐かしくなって来る人が多い。団塊世代にとっては、昔を思い出して元気をもらう場であり、若い人たちにとっては、初めての新しい感覚が魅力なんじゃないかなと思います」

 こう語るのは、かれこれ10年、週3回、年150回は通っているという神奈川県の60代の男性。「みなさん歌の好きな人たちばかりですよ。カラオケなどで1人で歌って聴かせるよりも、みんなで歌い合うのが好きなんですね。メロディーに親しみがあってグッとくるところがいいんです。今では趣味をはるかに超えて、生活の一部です」と力説する。

「カラオケよりも楽しい」という声は、若い世代にも多い。

「初めて体験した時に、自分が知っている歌を歌う懐かしさと共に、当時の記憶や気持ち、風景などが思い出されて感動しました。みんなで歌うのは、なんともいえず楽しい。自分が知らない歌でも、『こんなに良い歌があったんだ』と知る楽しみがある。自分のリクエストが採用された時にはうれしくて、癖になります(笑い)」(30代女性)

 友達グループや夫婦で来る人もいるが、多くは1人で訪れる。「ふらっと来てふらっと帰れる気軽さ、自由に来られるのがいいんです」(60代男性)というだけに、気ままに参加できるのが魅力。かつては歌声喫茶で出会った若者たちがそのまま結婚という例も多かったようだが、今は大人の友達作りができる社交場にもなっているようだ。

 歌のジャンルは、日本のフォークソング、ロシア民謡、歌謡曲、童謡、唱歌、アニメソング、シャンソン、カンツォーネなどバラエティに富んだ中から、客のリクエストに応じて司会者が構成や流れを考えてセレクト。553曲収録されたオリジナル歌集を手に、みんな恥じらうことなく、口を大きく開けてはつらつと歌い続ける。

 1ステージは45分。司会者が集まったたくさんのリクエストの中から起承転結やその場の雰囲気に応じて歌を選び、12、13曲を歌い続ける。間に20分休憩をはさんで、ステージを繰り返す。リクエストは何曲しても構わないが、全て歌われるとは限らない。採用されるよう印象的なコメントを添えるなど、みんな一生懸命だ。

「最近の一番人気は、NHKの『花子とアン』の中で歌われた『広い河の岸辺』です。みんなで歌えるので、『歌声』の中では結構流行っている曲なんです」(斉藤さん)

 歌われるのは、例えばある日は『蘇州夜曲』『君をのせて』『夏の思い出』『少年時代』『カントリーロード』『思い出がいっぱい』など、誰もが知る歌がわりと多い。若い世代が増えていることから、オリジナル歌集には若い人向けのレパートリーが織り込まれ、『嵐』の歌まである。若い世代には、一青窈の『ハナミズキ』やアンジェラ・アキの『手紙』が人気だという。

 マイクの前に立って歌うのは自由だが、マイクを握って歌ってはいけないというのが暗黙のマナー。歌が採用されなかったと文句を言うのもNGだ。料金は、『ともしび』では、いわゆるテーブルチャージとなる『うたごえチャージ』が864円(税込み)。これに頼んだ飲食代で、時間制のカラオケ店よりもリーズナブルにすむところも人気のようだ。

 世代を超えて若い人たちに繋がる縦の広がりと、全国的に歌い合う集まりが増えつつある横の広がりとで、新しい展開を見せている歌声喫茶。ブームはまだまだ続いていきそうだ。