5日放送の「池上彰緊急スペシャル 知っているようでよく知らない韓国のナゾ」(フジテレビ系)で、韓国の学校に存在する「独島部」の驚くべき実態が明かされた。

スタジオでは、司会の池上彰氏が韓国で700人を対象にした日韓共同の世論調査において「韓国人が日本を嫌いな理由」の結果を紹介した。

その第2位は「独島をめぐる領土対立があるから」になったという。池上氏によると、韓国の中学校や高校は長年「独島は韓国のものである」という教育を徹底してきたのだという。

さらに池上氏は「最近、こんなクラブ活動が始まっているんですよ」といい、「独島部」なるものをピックアップした。

ここで番組は、VTRで韓国の小学校の「独島部」が「誰がどんなに自分の領土だと言い張っても、独島は我が領土」と合唱する様子を紹介した。

また、ある中学校の「独島部」は同島を訪問して歌やダンスを収録し、ネット上に投稿しているという。韓国の中学の2割にはこうした部があり、中には部員100人を数える学校もあるとか。

番組が取材したある高校の「独島部」の部室には「私たちの歴史を守ろう! 独島を守ろう!」と書かれた旗が掲げられ、部員らは「この部活に入れば、歴史の勉強ができると思った」と、入部理由を語っていた。

さらに、韓国が制定した「独島の日」(10月25日)に「発表会」と称して、観光客の多い公園で「独島は韓国の領土」と主張する部員らが映された。そこでは、幼い子どもに「独島は私たちの土地」とパネルに書かせる様子もあった。

VTRが終わったスタジオでは、ゲストの平泉成が「日本はないねえ」と呆れてみせ、同席した柴田理恵に「『竹島部』なんてないもんね」と皮肉ったコメントで問いかけた。柴田も「ない、ない」と返し、唖然とした表情をしていた。

池上氏はこのように幼いころからの領土教育で、韓国民は政府の主張を知っていくのだろうとこの話題をまとめた。

【関連記事】
ロンブー田村淳がTwitterに投稿した政治的な発言でテレビ番組を降板させられた過去を告白
「沖縄は中国領」 中国の危険な思想を警戒する必要があるとチベット出身の国際政治学者が語る
【韓国ニュース】韓国のお笑い芸人、大阪で「独島は我が領土」と主張