『ヤンキーマンガガイドブック (文化系のためのヤンキーマンガ入門)』DU BOOKS

写真拡大

 マンガ『SLAM DUNK』の発行部数は1億2000万部、『ドラゴンボール』は1億5700万部――これら"モンスター作品"を抑え、3億2000万部と堂々と歴代発行部数癸韻傍韻い討い襪里ご存知『ONE PIECE』。目下連載が続いているにも関わらず、既にドラゴンボールの倍の発行部数というから驚きです。また、売れているだけでなく「心奮い立つ名言のある漫画」「いつか子どもに見せたい漫画」といったマンガに関する各種調査でも上位にランクインするなど、同作品は名実ともに今や日本を代表する漫画と言えます。

 そんな超人気作品について、お笑い評論家で雑誌編集者のラリー遠田さんは書籍『ヤンキーマンガガイド』のなかで、『ONE PIECE』を「ヤンキー的な思想に基づいて描かれている」と指摘しています。

 あの国民的冒険活劇がヤンキー的な思想に基づく......いったい、どういうことでしょうか。

 ラリー遠田さんは同書の中で、その理由についてふたつ挙げます。一つ目は、すべてが「気合い一発」で成り立っているからというもの。

 同作のお馴染みのシーンといえば、「ドン!!」という効果音と共に、主人公のルフィが状況を打開するといったもの。どんな不利な状況であっても、ルフィが気合いを入れると勝利することができます。

 しかし、ラリー遠田さんは、「バトルシーンに理屈がほしい」と訴えます。

「結局気合いですべてを解決してしまうのなら、その結論にいたるまでの長ったらしい展開は何のためだったのか、と言いたくもなる」(同書より)。

『ONE PIECE』には、「張りめぐらされた伏線、豊富なキャラクター、緻密な世界観など、目移りする要素はたくさんある」(同書より)と認めつつも、気合いだけで解決してしまうことに違和感があるというのです。

 また、ラリー遠田さんは、同作には修行シーンがほとんどないと指摘。コミックス61巻で2年の修行期間が設けられましたが、それまではルフィが鍛錬する描写がほとんどなく、努力して勝つといった展開はありません。ラリー遠田さんは、「勝利にはありがたみがないし、たとえ勝ってもさほどカタルシスが得られないのは当然」(同書より)といいます。この「深く考えないことを美徳とする、反知性主義の支配する世界」(同書より)が、ラリー遠田さんの言うところのヤンキー的な部分なのだそうです。

 そして、ふたつ目の理由は「仲間主義」。同作には仲間がたくさん登場しますが、そこには何か深い理由があるわけではないといいます。

「『仲間』という概念をじっくり分析してみると、そこに深い何かが潜んでいるわけではない。一緒に船に乗って冒険を続け、苦楽を共にしてきた『旅仲間』である事実があるだけだ」(同書より)

 同作では「仲間」という言葉がくり返し登場します。それは、彼らの間に「深い何か」があるわけではないので、浅さを埋めるために、「仲間」という言葉が必要となるのだというのです。

 その関係の浅さもヤンキー的な要素がある、とのこと。

「反社会的な存在であることを自認するヤンキー同士の絆は、いつ壊れてもおかしくない。だからこそ、彼らはそれをしつこいくらいに確かめ合わなくてはいけないのだ。暴走族は、仲間がバイクで死んだら悲しむが、自分たちが暴走行為でどれだけ騒音をまき散らし、一般車両の通行を妨害し、迷惑をかけまくっても、その被害者に思いをはせることはない。(中略)ヤンキーが信奉する『仲間』という概念は、このようにきわめて自己中心的な代物だ。仲間は守るべきだが、それ以外のものは一切守らなくていい。その根拠は......ない。根拠のない『仲間主義』を気合い一発で盲信するところにこそ、ヤンキーの本質がある」(同書より)

 ヤンキーマンガと似ているという『ONE PIECE』。ヤンキー文化を知る世代の皆さんは、どう思いますか?