AFC U-19選手権予選で日本は豪州、フィリピン、ラオスと対戦

写真拡大

 U-19選手権バーレーン2016予選の組み合わせ抽選会が5日に行われ、日本はオーストラリア、フィリピン、ラオスと同組のグループJを戦うことが決まった。

 同大会は9月28日から10月6日までの日程で開催。開催地は調整中だ。各組1位と各組2位のうち、上位5チームが、来年10月13日からバーレーンで開催される本大会に出場。なお、同大会は2017年に韓国で開催されるU-20W杯の予選も兼ねている。

 日本はDF内田篤人らを擁した2007年大会以来、4大会連続でU-20W杯への出場権を逃している。負の歴史に終止符を打つべく、若きサムライブルーの挑戦が始まる。

■以下、組み分け

グループA:ウズベキスタン、バングラデシュ、パキスタン、スリランカ、ブータン (スリランカで開催)

グループB:イエメン、サウジアラビア、トルクメニスタン、シリア (サウジアラビアで開催)

グループC:アラブ首長国連邦、パレスチナ、インド、アフガニスタン (パレスチナで開催)

グループD:カタール、オマーン、レバノン、キルギス (カタールで開催)

グループE:イラン、クウェート、ヨルダン、ネパール (イランで開催)

グループF:イラク、バーレーン、モルディブ、タジキスタン (タジキスタンで開催)

グループG:ミャンマー、ベトナム、香港、ブルネイ、東ティモール (開催地調整中)

グループH:タイ、韓国、シンガポール、チャイニーズ・タイペイ、北マリアナ諸島 (開催地調整中)

グループI:朝鮮民主主義人民共和国、中国、マレーシア、マカオ (開催地調整中)

グループJ:日本、オーストラリア、フィリピン、ラオス (開催地調整中)