合宿初日から5日間…ハリル流実感の原口「染み込ませていければ」

写真拡大

 11日に行われるキリンチャレンジカップ2015のイラク戦、16日に行われるロシア・ワールドカップ、アジア2次予選初戦のシンガポール戦に臨む日本代表は、海外組のみで国内合宿5日目を行った。この日の午後練習からミラン所属のFW本田圭佑とドルトムント所属のMF香川真司が合流し、ランニング中心のメニューを消化している。

 練習後に記者団の取材に応じたヘルタ・ベルリン所属のFW原口元気は、初日から参加しているトレーニングを振り返った。

 今回、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督から初招集を受けた原口は、「細かいし、熱意があるし、いいイメージ持っていますけどね」と、この5日間での監督の印象を語ると、「動き出しや切り替えが遅かったら怒られたりするんで、そこがポイントになってくるんじゃないかなとは思っていますけど」と分析。

「分かりやすくダメなことはダメってきつく言うんで、そういうのを繰り返しながらやっていければ。体が勝手に反応しなきゃいけない部分はあると思うんで、変わらなきゃいけないところもあると思いますし、そういうのを染み込ませていければと思います」と、ハリルホジッチ流への順応に意気込みを語った。

 また、「基本的な動き出しとか、出した後に止まってるとか。そういうのはすごく嫌いますし、切り替えが遅いのは間違いなくアウト」とハリルホジッチ監督の考えを明かすと、「球際とか切り替えって面ではブンデスリーガでも意識してきた部分なので、取ってからのスピードも出していけたらとは思いますけど」とドイツで得た自信も伺わせた。

 初日は走りこみが中心だったが、徐々にボールを使う練習も増えてきた。原口は、「今は細かいところで球際とか。攻撃って言うよりは、どちらかというと守備。攻撃に関しては出したら動くこと。今はそれだけを意識して、ここからより具体的な練習とかゲーム形式になってきたら自分の良さは出せると思いますけど」と今後の練習へ意気込みを語ると、「日に日にボールを使う練習が増えてきたので、うれしいです。走るよりは楽しいので(笑)。もっとサッカーしたいですね」とコメントしている。