航空工学のエンジニアが、本気で開発した「傘」がスゴい!「もう閉じる際に、洋服が濡れたりしない」

写真拡大

傘の最大の悩みって、閉じる時にあるとは思いませんか? 傘についた雨水によって、どうしても衣類や持ち物が濡れてしまいます。そんな“弱点”を解決したのが、ここで紹介する「KAZbrella」という傘です。

閉じた時に、濡れている表面ではなく、裏面が外側にくるようになっているため、水滴が飛び散ったりしない。どうして今まで気づかなかったのか不思議になるくらいシンプルなアイデア。動画をみると、その効果がよりわかりやすいでしょう。

乗車時にも大活躍!

動画を見るとわかる通り「KAZbrella」は、乗車時にも便利です。通常、傘を閉じて車に乗り込むには、ドアを広く開ける必要がありますが、この傘なら最小限の空間でOK。

85singo_スクリーンショット 2015-06-05 13.15.53

85singo_スクリーンショット 2015-06-05 13.16.03

85singo_スクリーンショット 2015-06-05 13.16.10

しかも、濡れた表面は内側にくるため、車のシートも濡れずに済みます。もちろん、車から降りる時も同様です。

85singo_スクリーンショット 2015-06-05 13.16.28

85singo_スクリーンショット 2015-06-05 13.17.02

85singo_スクリーンショット 2015-06-05 13.17.13

85singo_スクリーンショット 2015-06-05 13.20.43

開発者は、航空工学のエンジニアでもあるJenan Kazim氏。強風で傘が裏返しになっても、ボタンひとつで元に戻るなど、ただのアイデア商品ではない機能性は、氏のバックグラウンドによるところが大きいようです。

85singo_スクリーンショット 2015-06-05 15.58.55

85singo_スクリーンショット 2015-06-05 16.32.56

85singo_スクリーンショット 2015-06-05 16.33.05

85singo_スクリーンショット 2015-06-05 16.33.32

クラウドファンディングサイト「Kickstarter」での資金調達は、すでに目標金額に達成し、2015年内にはHPから販売開始される予定です。予定している販売価格は、35ポンド(約6,700円)〜と、いわゆるビニール傘に比べるとかなり高価ですが、お気に入りの洋服を雨で汚してしまうことを考えると、高くはない!?

Licensed material used with permission by Dezeen