夢みるアドレセンス 新ビジュアル

写真拡大

7月15日(水)にリリースされるアイドルユニット・夢みるアドレセンスの2ndシングルのタイトルが「サマーヌード・アドレセンス」であることが発表された。同時に、真夏の夜を彩るようなゴージャス仕様の新ビジュアルも公開。

【少女が夢想する真夏の夜の夢 夢アド新曲は真心「サマーヌード」サンプリングの画像・動画をすべて見る】

本シングルは、ロックバンド・真心ブラザーズが1995年にリリースした「サマーヌード」の発展形としてアレンジされた「ENDLESS SUMMER NUDE」を、さらにクラムボンのミトさんが大胆にサンプリングし、シンガーソングライター・meg rockさんが作詞を手がけた楽曲となっている。

真夏の名曲を夢アドがサンプリング


夢みるアドレセンス

夢みるアドレセンス



夢みるアドレセンス(略称「夢アド」)は、荻野可鈴さん、山田朱莉さん、志田友美さん、小林玲さん、京佳さんの5人からなるアイドルユニット。

アドレセンスとは「思春期」を意味しており、人気ティーンファッション誌モデルを中心に、2012年に結成。3月にシングル「Bye Bye My Days」でメジャーデビューを果たし、4月には東京・中野サンプラザで単独公演を敢行した。

8月2日(日)に東京・お台場で開催されるアイドルの祭典「TOKYO IDOL FESTIVAL 2015」への出演のほか、29日(土)には神奈川・横浜アリーナで開催されるポップカルチャーの祭典「@JAM EXPO」への参戦も控えているなど、ますます大きな活躍を見せている。

そんな彼女たちの2枚目のシングルとなる「サマーヌード・アドレセンス」は、リリースから20年経つ今もなお名曲として語り継がれる「サマーヌード」を大胆にアレンジ。

原曲へのオマージュを大いに盛り込み、大人と子どもの狭間であるアドレセンス(思春期)にある彼女たちが表現する、夏の魔力による恋愛のループは、さながら20年越しのアンサーソングのような仕上がりになっているという。

「思春期の少女たちが夢想する真夏の夜の夢」を描いたかのような、お祭り騒ぎのきらびやかさや遊び心を表現したビジュアルも含めて、この夏注目のリリース作品だ。